石神館
秋田県大仙市協和中淀川
立地・構造
 石神館は淀川の左岸、西方向に張り出した舌状台地の先端(比高60m)に築かれた平山城です。館の規模は東西35−40m×南北50−60mほど。縁部は幅1.5−2m・高さ0.5mの土塁で囲まれた単郭の方形館で、東側の丘陵続き部分は堀等の施設が構えられておらず平場になっていて、郭の規模も小さく日常の居住空間とは考えられず、臨時に短期間に構築された陣城と推測されます。特徴的なのは東・南側に敷設された外枡形状の虎口で、東側の虎口は8−10m四方の完全な外枡形構造、南側の虎口は枡形にはなっていませんが塁線から外部に突き出す形で構築されています。秋田県内の城郭遺構で外枡形が確認できる城址は他になく(たぶん)稀有な例です。
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。同地から北に1.5kmには角館城主戸沢氏の淀川流域の支配拠点上総介館があります。南部氏が仙北支配から撤退後の明応5(1496)年、角館城主戸沢秀盛は弟忠盛を湊安東氏との「境目」上総介館に入れて湊安東氏の侵入に備えました。天文14(1545)年、忠盛が上総介館で死去すると湊安東友季は淀川流域に侵攻して上総介館を攻略しました。しかし同16(1547)年、戸沢道盛率いる戸沢軍は上総介館を攻撃して安東軍を撤退させ上総介館を奪還しています。天正15(1587)年、安東愛季は仙北郡制圧のため戸沢氏領に侵入すると、上総介館を攻略して前線基地にしています。戸沢氏・安東氏の上総介館争奪は記録上2度ですが、周辺は慢性的な軍事緊張状態にあったと考えられ、石神館はこの間に上総介館に対する「付け城」として築かれたと推測されます。現在、見られる外枡形虎口等の遺構から、時期は天正期(「唐松野の戦」時?)、築城主体は上総介館を攻撃した安東愛季の被官嘉成播磨・鎌田河内か?
石神館  東側の外枡形虎口
メモ
天正15年「唐松野の戦」時の
安東氏の陣城?
形態
丘城(陣城?)
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭・土塁・枡形虎口
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年6月4日
平成21(2009)年1月9日
石神館は淀川の左岸、西側に張り出した舌状台地の先端に築かれた平山城で、北から南西方向に淀川流域を見下ろす要衝地に位置します。麓との比高は60mほど。北・西・南側は急峻な断崖になっています。城へは南西麓から山道を進み、先端のピーク下から比高30mを直登します。(夏は背丈以上の竹笹で山道を進むことさえできませんでしたが・・・・・)
本郭の規模は東西35−40m×南北50−60mほどのやや歪んだ方形で、縁部は幅1.5−2m・高さ0.5mの土塁が築かれています。土塁は東・南側(写真右)が良好に残存していますが、北・西側は不明瞭になっています。内部も自然地形に若干手を加えただけで削平状況は良好とはいえず、土塁の外側は若干のスペースを挟んで斜面に繋がっています。
この館の最大の特徴は東・南側に構えられた外枡形状の虎口でしょう。(写真左)東側の虎口 8−10m四方の完全な枡形構造になっています。写真ではわかりずらいですが・・・・・ (写真右)南側の虎口 規模は4−5m四方ほど、枡形にはなっていませんが、塁線から外側に突き出して構えられています。