唐松城
秋田県大仙市(旧協和町)協和境
立地・構造
 唐松城は雄物川の支流淀川右岸の南側に張り出した丘陵突端(比高60m)に築かれた山城です。城の規模は100m四方ほど、背後(北側)の稜線を堀切で断ちきって城域を独立させた小規模な城砦です。城縄張りは山頂部を加工した主郭を中心に南東方向に段郭群を敷設したシンプルな構造になっています。主郭の規模は東西8−12m×南北25mほど、南側に小郭群を設け、南東側斜面は高さ1.5−2mの段郭群に加工され、西
唐松城概念図
側斜面は腰郭をさらに連続畝堀で処理しています。大手筋は東麓からのルートが想定されます。同地は淀川と荒川の合流地に位置しており、水陸交通を物見・監視する城砦として機能したと思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・城主ともに不明。もともと戸沢氏の支配下にあった属城と思われます。天正15(1587)年、湊城主安東愛季と角館城主戸沢盛安が武力衝突を引き起こした「唐松野合戦」では安東氏の前線基地として機能したとされます。
 「唐松野合戦」は中央では豊臣秀吉が「九州攻め」を行い、着々と全国制覇に邁進していた天正15(1587)年に引き起こされた武力衝突で、当時の羽後の強国檜山安東氏と戸沢氏が直接対決した合戦として有名です。この頃、中央が統一に向かっていたのに対して奥州はまだまだ群雄割処の状態が続き、戦乱に明け暮れていました。御他聞にもれず羽後でも北から鹿角四頭・浅利・檜山安東・湊安東・戸沢・小野寺・本堂・由利十二頭が割処し、戦国末期までには檜山安東・戸沢・小野寺が三強として自然淘汰されました。さて「唐松野合戦」の発端ですが、これは安東愛季の仙北郡への領土侵略に戸沢盛安が過敏に反応したものと考えられますが、それ以前に安東氏に対する鬱憤が戸沢氏にあったものと推測されます。元亀元(1570)年、湊安東氏(愛季の弟茂季が相続)の内訌に介入した愛季は湊家を併呑し、土崎湊の経済権益を手中にします。愛季は湊家が定率で認めていた土崎湊使用の運上を引き上げるとともに、蝦夷地との交易を独占し、雄物川水運を統制化したため、雄物川上流の領主層(小野寺・戸沢・六郷・本堂氏等)は雄物川を利用した米の輸送、秋田湊からの商品流通ルートを塞がれる危機感を感じるようになったと思われます。しかし、武力衝突までにはまだ時間がかかります。安東氏には実効支配したとはいえ、いまだ完全に掌握しきれていない比内郡の独鈷城主浅利氏がいるほか、庄内尾浦城主大宝寺(武藤)義氏に由利侵入の動きがあること。また戸沢氏には宿敵横手城主小野寺義道がおり、互いに牽制していました。また小野寺氏は有屋峠を挟み山形城主最上氏と軍事緊張にありました。事態が動いたのは天正10(1582)年のことです。大宝寺義氏が由利郡に侵入し小助川氏の居城荒沢城を攻撃しましたが、安東氏の支援を受けた小助川氏に撃退され撤兵しました。そして義氏は度重なる外征に反対した国人領主の叛乱で討死します。さらに愛季は同11(1583)年、和睦と偽って浅利勝頼を檜山城に招いて謀殺し、安東氏領の北部と南海岸部の脅威を取り払い、仙北郡への侵攻を本格化させることとなります。また片方の当事者角館城主戸沢盛安はこの時21才で、前年(1586)年には横手城主小野寺義道が最上義光との「有屋峠の戦」での出陣中に小野寺領に出陣(「阿気野合戦」)し小野寺氏とは軍事緊張下にありました。安東愛季は戸沢・小野寺の軍事緊張を利用し仙北郡に進出することを考え、戸沢盛安に同盟を持ちかけます。しかし盛安はこの提案を拒否します。同盟を受けても受けなくとも安東氏の仙北侵攻は止められないと考えたのでしょう。また雄物川水運とともに重要な角館から刈和野を通り由利海岸に通じる街道を安東氏に塞がれることに危機感を感じたのでしょう。いずれにせよ安東愛季が湊安東氏を併合以後、経済封鎖に対する反発が根底にあったと推測されます。安東愛季は兵3000を率いて唐松野に布陣します。唐松野は安東・戸沢領の「境目」に位置し、安東氏は唐松城、戸沢氏は荒川城淀川城を前線基地として利用していました。先に動いたのは安東氏です。『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくないのですが・・・・・・・・・・)によると愛季は加成・鎌田氏に淀川城の攻撃を命じて奪取に成功しました。これにより仮想いくさば「唐松野」での戸沢氏の西方向への退路を断ったことになります。淀川城の落城は荒川城主進藤筑後守から盛安に伝えられ、盛安は唐松野出陣を決意します。そして兵1200を率いた盛安は淀川を挟んだ唐松野に布陣し、安東軍と対峙しました。両軍は暫時接近し激突、3日間の戦闘で安東軍300・戸沢軍100余人の戦死者がでる激戦となりましたが、明確な結果はでなかったようです。その後、戦闘は小康状態となり、安東軍は突然退却を開始します。陣中で安東愛季が死去したためです。このとき戸沢軍が追討した形跡はなく、盛安には背後の小野寺氏の脅威ととともに、戸沢軍に追撃するだけの余力が残っていなかったと思われます。戸沢氏にとってこの「唐松野合戦」の意義は大きく、安東氏の仙北進出を押しとどめるとともに、戸沢氏の評価を上げる結果となりました。一方 安東氏は負けはしなかったものの、戦場を退却したことで敗北のイメージが色濃く、また当主愛季が死去したことで一時的に衰退します。愛季のあとは次子実季が家督を継ぎましたが、愛季に圧迫されていた湊安東家の安東高季(道季)は実季に叛旗を翻し、南部氏・戸沢氏の支援を受けて実季を攻撃しました。この高季の行動は檜山城籠城戦」から続く一連の「湊騒動」(安東氏の内訌)に繋がります。「唐松野合戦」が行われた場所はよくわかっていません。また安東軍・戸沢軍の陣地も不明です。安東軍は唐松城を背にして布陣し、戸沢軍は安東軍に対して淀川を挟んで対峙したと考えられますが、淀川・荒川ともに流路が現在と違うようで、「ここだ」とハッキリした場所はないようです。ただし現在の協和上淀川周辺にあったことは間違いないようです。
唐松城  主郭西側の畝状竪堀群
メモ
檜山安東氏が築いた
仙北進出の前線基地
形態
山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・連続畝堀
場所
場所はココです
駐車場
「まほろば唐松 中世の館」
駐車場
訪城日
平成19(2007)年4月18日
唐松城は協和境地区の南西部、通称唐松山と呼ばれる丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、東麓に「まほろば唐松 中世の館」があって、この脇から登山道が設けられています。(写真右上ー「まほろば唐松 中世の館」 写真左ー登り口・唐松神社元宮の鳥居) 登山道は東側斜面をジグザグに登り(写真左下)、麓から6−7分ほどで模擬冠木門に辿り着きます。(写真右下) たぶんこのルートが大手導線と思われます。
冠木門のある部分は東側斜面を加工した段郭群の最下段に位置し、往時もここに虎口が構えられていたのでしょう。(写真左上) でっ、段郭群は高さ1.5−2mの段差で区画された5−6段の ごくごく小規模な郭群。幅は最大7−8mほど、ま〜〜〜 大量の兵を駐屯する規模ではないようです。(写真右上ー段郭群の上段 写真右ー段郭群の下段方向)
段郭群最上段の郭は東西10m×南北30mほど、主郭の南側下に位置し、石碑が建てられています。(写真左下) でっ、主郭間の稜線は小郭群に加工され(写真右下)、南側の稜線は幅6−7m・深さ4−5mの堀切で処理されています。
(写真左上) 主郭への導線、小郭群の側面を通しています。
(写真右上) 南側の堀切
主郭(写真左)
規模は東西8−12m×南北25mほど、内部には唐松神社の「元宮」が祀られています。規模は小さく、ま〜〜〜 物見砦だったのでしょう。でっ、主郭の西側は5−6m切り落として幅7−8mの腰郭に加工され(写真左下)、郭はさらに10条の連続畝堀で切り刻まれています。(写真右下) ま〜〜〜、小野寺氏の城館では よく見られる遺構ですが、戸沢氏(安東氏)の城館ではレアな遺構です。
(写真左上) 連続畝堀
 
主郭の北側稜線は幅6−7m・深さ4−5mの堀切で断ちきり、唐松城を独立させています。(写真右上) でっ、堀底は最北端の連続竪堀に繋がっています。
主郭からは天正15(1587)年、安東勢と戸沢勢が対峙した唐松野方向が一望にできます。(写真右) とはいっても具体的な戦闘地もわかっていないようで・・・・・・・・・・、ま〜〜〜 淀川をはさんで対峙していたのでしょう。
ー ま ほ ろ ば 唐 松 「 中 世 の 館 」 ー
「まほろば唐松 中世の館」
唐松城の東麓に造られた観光スポットです。一応は丘陵先端に位置する中世城館をイメージしているようですが・・・・・・・・・、能楽堂があるなどあくまで観光スポットです。ま〜〜〜〜 人によって賛否両論があると思いますので、管理人は存在の是非は問いません。
 
ー 唐  松  神  社 ー
唐松神社は蘇我氏との抗争に敗れこの地に逃れてきた物部氏により創建されたとされ、『東日流外三郡史』とともに奇書とされる『物部文書』が伝わっています。写真は「唐松山天日宮」で、池の中に2段に墳丘状に築かれた玉石の上に祀られています。かなり珍しい建築様式で管理人も初めて見ました。