左馬之介館
秋田県大仙市(旧協和町)協和稲沢字黒森沢
立地・構造
 左馬之介館は稲沢川の上流域、水沢地区南側の丘陵突端(比高6−7m)に築かれた単郭の崖縁城です。城の規模は東西50m×南北20mほど、城は東から西方向に張り出した丘陵先端に築かれ、北ー西ー南側は高さ6−7mの段丘崖で画され、東側の丘陵続きを堀で断ち切って城を独立させています。堀の規模は幅4−5m・深さ2mほど。

 築城時期は不明。館主は鈴木左馬之介と伝えられます。鈴木氏の出自・事績は不明、角館戸沢氏の支配下にあった村落領主と思われます。後に鈴木氏は古水沢の左馬台に移り住み、水沢台地の開拓に従事したと伝えられます。(戸沢氏の常陸転封後か?)
歴史・沿革
左馬之介館  東側の堀
メモ
・・・・・・・・・
形態
崖縁城
別名
古館
遺構
郭(平場)・土塁・堀
場所
場所はココです
駐車場
林道に路上駐車
訪城日
平成26(2014)年5月6日
左馬之介館は協和稲沢地区南側の丘陵突端に築かれた崖縁城で、北側には稲沢川が、西側には諏訪山川が流れ自然の濠としています。(写真左上ー北西側からの近景) 管理人は稲沢地区から林道に入り、館の西側からアプローチしました。でっ、いきなり現れるのが西側の切岸で高さ6−7mほど(写真右上)、管理人はここから南側に廻り込み(写真左)、しばらく進んで丘陵に切り込んだ虎口らしきものを発見しました。(写真左下) がっ、虎口らしきものは館の東側稜線を断ち切った堀でした。(写真右下) 規模は幅4−5m・深さ2mほど。
主郭(左上)
規模は東西50m×南北20mほど、内部は猛烈な笹藪状態。東側縁部には土塁があるようですが・・・
・・・・・・、未確認。(ないような・・・・・・・・) 南東隅が1.5mほど高い高台になっています。(写真右上ー写真では解りずらいですが・・・・・・・・・) 規模は小さいものの居館を構えるだけの広さはあるようです。なお館からは角館を結ぶ街道を眺望することができます。