鮭延城
山形県最上郡真室川町内町
立地・構造
 鮭延城は真室川の左岸、西側に張り出した丘陵突端(比高40m)に築かれた平山城で、北・西・南側は急傾斜の断崖、南西側の丘陵続きを二重堀で断ち切った単郭?(たぶん違うと思うのですが・・・・・・・・・・)の城館です。城の規模は東西250m×南北300mほど、城縄張りは本郭を中心に周囲に帯郭を敷設しただけのシンプルな縄張りで構築されています。本郭の規模は東西150m×南北220mほど、内部は2−3郭に分けられていたと思われますが不明。虎口は中央東側と西側に設けられ、東虎口が大手、西虎口が搦手に想定され、導線を横矢が掛かる谷地道になっています。南西側稜線を断ち切った二重堀は内堀が幅10m・深さ6−7m、外堀が幅6−7m・深さ3−4mと規模の大きい二重堀になっていて、北側には
鮭延城概念図
二重畝堀を構築して防御を高めています。さらに二重堀に隣接して馬出状の小郭?が構えられています。

 鮭延城は天文年間(1532−55年)、沼館城主小野寺稙道の客将佐々木典膳貞綱がこの地に進出し、小野寺氏の最上進出の前線基地として築かれたと伝えられます。最上進出当初、貞綱は岩鼻館を拠点としていましたが、天文年間(1532−55年)の小野寺氏の内訌を契機に小野寺氏から独立します。しかし永禄6(1563)年、最上郡に侵攻した尾浦城主武藤義増に敗れ、嫡子秀綱を人質に武藤氏と和睦し、鮭延に拠点を移したとされます。天正9(1581)年、山形城主最上義光の最上侵攻により鮭延城は最上勢の猛攻を受けましたが秀綱は徹底抗戦します。そして最上氏の内部調略により家臣の切り崩しが進むと秀綱は義光に降伏しましたが、戦後 所領は安堵され最上氏の家老職となりました。その後、秀綱は最上氏の軍役を担い庄内侵攻・雄勝侵攻には和戦両方で参加し、慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」時は長谷堂城に派遣され、直江兼続率いる上杉軍と対峙しました。元和8(1622)年、「最上騒動」により最上氏が改易になると、鮭延城は伊達藩に接収され破却されました。その後、鮭延領に入部した戸沢盛政は当初、鮭延城に入りましたが、領内沼田に新城(新庄城)を築くこととなり完成後、鮭延城は廃城となりました。
歴史・沿革
鮭延城 丘陵基部の二重堀(内堀)
メモ
鮭延氏の館城
形態
平山城
別名
真室城 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年4月9日
平成23(2011)年5月5日
鮭延城は真室川の左岸、東西側に張り出した丘陵突端に築かれた平山城です。(写真左上) 現在、城址は西麓を通る奥羽線建設のため部分的に消滅した箇所もありますが、おおむね廃城時の状態を保っています。城へは西麓の搦手口から散策路が設けられています。(写真右上) 散策路は搦手の導線を踏襲したものと思われ、谷地を登り詰めるように敷設され(写真左)、西側斜面には帯郭が見え(写真左下)、また搦手虎口手前では主郭郭から横矢が掛かる構造になっています。(写真右下)
本郭(写真左上)
規模は東西150m×南北220mほど、内部は最上氏改易時、接収した伊達氏により城割がなされたため、往時どのような構造だったかは不明。(2−3郭に分割されていたと思われるのですが・・
・・・・・・・) 中央西端には立派な城址碑が建てられています。(写真右上) 大手虎口は東側中央に設けられ(写真右・左下)、搦手虎口同様 谷状の導線で繋がっていたようです。でっ、よ〜〜く見ると、「大手門祉」標柱の脇には建物祉と思われる高さ30cmの基壇?や虎口を区画?したと思われる土塁痕が見られます。(写真右下)
本郭の南西側には中世城郭を感じさせる遺構が残存しています。縁部に構築された土塁は幅7−8m・高さ2mほど、多聞櫓が置かれたとしても、おかしくないほど重厚です。(写真左上) さらに土塁の背後は規模の大きい二重堀で稜線を断ち切っています。このうち内堀は幅10m・深さ6−7m(写真右上・左)、外堀は幅6−7m・深さ3−4mほど。(写真左下) でっ、内堀の北側側面には北・西側からの侵入を防ぐため二重畝堀が敷設されています。(写真右下)
二重堀のある南西側稜線は林道建設で破壊されていますが(写真左上)、外堀の外側の平場には東側縁部に高さ1mの土塁が見られ(写真右上)、また外側には規模は小さいものの堀が穿たれており(写真右)、馬出的な?出郭が設けられていたと思われます。
本郭の周囲は高さ10mの切岸で区画された幅10m前後の帯郭が巻かれています。(写真左下・右下) 帯郭はほぼ本郭を全周し(西側は鉄道建設等で消滅か?)、南西側では二重堀の内堀に繋がっています。
正源寺(写真左上)
鮭延城の北方500mに位置する鮭延氏の菩提寺。伝承によると天文5(1536)年頃、佐々木(鮭延)貞綱により創建されと伝えられます。山門(大宝楼閣 写真右上)は湯殿山大日坊の総門を移築したものと伝えられ、本堂背後の墓地の中には鮭延越前秀綱の墓碑(写真左)が弔なわれています。秀綱は元和8(1622)年の最上氏改易の際、老中土井利勝に預けられ、正保3(1648)年 常陸国古河で死去します。そして秀綱の遺骸は鮭延氏旧臣の手により古河鮭延寺に弔なわれたと伝えられます。秀綱の墓碑に関しては説明板がないため詳細は不明。