下 国 府 遺 跡
新潟県佐渡市(旧真野町)竹田



現地説明板の図⇒ 
 下国府遺跡は佐渡国仲平野の南西部、竹田川左岸の河岸段丘先端(比高5m前後)に築かれた古代佐渡国府に関連した官衙施設と推測されています。遺跡の規模は東西32m×南北36mほど、内外を二重の濠(溝)で囲った方形遺跡で、内部には南北に2棟の掘立建物祉(柱穴)が確認されています。建物の規模は桁行三間(5.45m)×梁間二間(3.64m)、板葺ないし草葺屋根の建物と推測されています。外濠は幅1.4m、内溝は0.2-0.7mほど。施設の南・西側中央に虎口が設けられていたとされます。発掘調査から内部からは9世紀前後のものと思われる須恵器の杯、皿や壷、墨書土器等の遺物が出土しています。下国府遺跡の周囲には国府とワンセットで設けられた国分寺や総社が散在し、また北側の沖積平野には律令期の条里制遺構(地割)が残っています。昭和51(1976)年、国の史跡に指定。   (場所はココです)
史跡標柱 
南東側からの近景 
南側の濠祉 
南側の虎口 
南側の内溝(雨溝)祉 
建物祉ー南西側から