飯館
秋田県横手市(旧増田町)増田町熊渕
立地・構造
 飯館は横手盆地の南東部、成瀬川左岸の河岸段丘先端(比高10−15m)に築かれた崖縁城で、単郭の方形館と想定されます。北・西側は成瀬川の段丘崖で、東・南側は堀で城域を区画していたと推測され、城の規模は推定60−70m四方の方形館だったと思われます。遺構としては東側の堀の痕跡(幅4−5m)が成瀬大橋沿いに若干残るほか、館敷地が周囲より0.5mほど高くなっています。基本的には在地領主の居館と思われますが、増田方向を眺望できるとともに、皆瀬川舟運を掌握する性格もあったと思われます
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。飯館が史料に見えるものとして『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくないのですが・・・・・・・・)では慶長五年十月、最上義光の被官丹与惣左衛門(金山城主)が稲庭・三梨等の内応者を催して成瀬川上流の田子内城を攻撃した際、飯楯、三股を道案内者にしたと記されており、館主は三梨小野寺氏の一族かあるいは被官と推測されます。同年、「関ヶ原の戦」は東軍の勝利で終結し、この報は10月に入って山形長谷堂城で対峙していた最上・上杉両氏にももたらされ、西軍に与した上杉軍は最上領からの退却を開始しました。最上義光は退却する上杉軍を追撃するとともに、小野寺領への攻撃を開始しました。前述の田子内城への攻撃は小野寺攻略の一環として行われた軍事行動のひとつだったと思われます。
飯館  城址標柱
メモ
・・・・・・・・
形態
崖縁城(方形館?)
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭・堀祉
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月16日
飯館は成瀬大橋沿いの成瀬川段丘崖に築かれた崖縁城で、道路脇に城址標柱が建っているため場所はすぐにわかります。(写真左上ー北からの近景・わからないよな〜〜〜 写真右上ー館祉 写真左ー城址標柱) 内部は私有地になっているため立ち入りませんでしたが、成瀬大橋沿いには濠の痕跡がかすかに確認でき(写真右下)、また南側の車道も濠祉だったと思われます。(写真左下) 館からは成瀬川越しに増田方向が眺望できることから(現在は雑木で遮られ見えませんが・・・・・・・・・・)、稲庭城を拠点としていた頃(鎌倉末・南北朝期)の小野寺氏が物見として利用したとも推測されます。