戸波城
秋田県横手市(旧増田町)増田町戸波
立地・構造
 戸波城は横手平野の南東部、皆瀬川左岸の河岸段丘上(比高10−15m)に築かれた丘城で、東側を段丘崖で区画し城域を仕切っていたと推測されます。(北・西・南側の城域は不明瞭のため規模・構造等は不明) 現在、城址は戸波地区の宅地化で消滅しかかっていますが、郭の一部が小公園として残り、東側縁部には土塁?らしきものも確認できます。基本的には日常生活をおくる居館と推測されますが、東方には皆瀬川・成瀬川、さらに増田街道を眺望できる要衝に位置しており、海陸交通を監視する性格があったものと思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。城主は『語伝仙北小野寺之次第』によると仙北小野寺氏の次弟(誰の次弟?)戸波宗右衛門とされ、また『増田満福寺文書』では戸波平八郎時平とされ、本貫地戸波を称した在地勢力が居住したと推測されます。室町・戦国期、戸波氏は小野寺氏に与して各地に出陣し、『奥羽永慶軍記』では天正14(1586)年の「有屋峠の戦」、慶長5(1600)年の最上軍による「吉田城攻め」に戸波平右衛門の名が見え、また佐竹氏入封後の同8(1603)年、小野寺氏残党による「六郷城攻め」に戸波惣右衛門の名が見られます。
戸波城  東側からの近景
メモ
在地土豪 戸波氏の居館
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・土塁?
場所
場所はココです
駐車場
戸波会館駐車場借用
訪城日
平成20(2008)年5月16日
戸波城は増田市街地を望む比高10−15mの断崖上に築かれた丘城で、現在は戸波地区に包括されています。(写真左) 場所はすぐに特定できましたが、特に説明板等はなく ここかな〜〜〜という感じでしょうか。東側から戸波地区にアプローチすると戸波城址の北側を通りますが、もしかしたら車道が堀だったのかも。(写真左下) でっ、城址の一部は公園になっていて、東側縁部には土塁?と思われる高みも見られますが、もう一つはっきりしません。(写真右下) なお城址からは皆瀬川・成瀬川、さらに稲庭・川連から増田に繋がる増田街道を眺望できる要衝地だったようで、監視機能も想定されます。(実際は雑木で遮られ見えませんが・・・・・・・・・)