八木城
秋田県横手市(旧増田町)増田町八木
立地・構造
 八木城は横手平野の南東部、皆瀬川右岸の河岸段丘上(比高5−10m)に築かれた平城らしいです。城の規模・構造等は不明。基本的には西側の皆瀬川(氾濫原・湿地帯)を自然の濠とし、北・東・南側は濠(空堀?)で城域を区画した単郭の館城(方形館か?)と推測されます。現在、城址は八木地区に包含され城郭遺構は残存しませんが、菅江真澄の『雪の出羽路』には「道家屋敷」「だんの前」「屋敷廻」「馬場頭」「元屋敷」等の地名が記載されています。
歴史・沿革
 八木城は永禄年間(1558−70年)、増田城主土肥道近の庶子(弟?)八木親家により築かれたとされます。(『平姓八木氏系譜』) 『増田満福寺文書』では八木形部之丞盛平を城主とし、また菅江真澄の『雪の出羽路』では小笠原義冬(貞治年間 1362−68年)を城主として伝えています。親家の子藤兵衛道家は惣領土肥氏とともに小野寺氏に従属し、天正10(1582)年の「大沢山合戦」、同12(1584)年の「有屋峠の戦」に出陣しています。文禄4(1594)年、山形城主最上義光は楯岡城主楯岡満茂を指揮官として雄勝郡に侵攻し、湯沢城岩崎城を陥落させて雄勝郡中央部を制圧することに成功しました。この、土肥道近は最上軍に内応して、岩崎城に攻め寄せた小野寺軍を背後から攻撃していますが、八木道家は惣領土肥氏から離脱して小野寺軍に参陣しました。その後も道家は小野寺義道に仕えましたが、慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」時、小野寺氏は上杉氏と連携して最上氏を攻撃したため、同6(1601)年 改易となりました。同7(1602)年、佐竹義宣が秋田に入封すると道家は佐竹氏に仕官し角間川給人になったと伝えられます。
八木城  南西側からの遠景
メモ
在地領主 八木氏の館城
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月16日
八木城は皆瀬川北岸の微高地に築かれた平城です。(写真左上) 現在、城址は八木地区に包括され城郭遺構は残っておらず、場所・規模・構造等は不明。たぶん・・・・・・・・・、皆瀬川側に残る段丘崖沿いに築かれていたと思われます。(写真右上・左) 段丘上は耕作地になっていますが(写真左下)、その一画に八木神社が祀られており、個人的にはこのあたりが八木城だったと思うのですが・・・・・・・・。(写真右下)