伊深城
長野県松本市岡田伊
立地・構造
 伊深城は松本平の北東部、岡田伊深地区背後の通称城山(標高916m 比高190m)に築かれた山城です。城の規模は東西200m×南北250mほど、城縄張りは山頂ピークに構築された主郭を中心に南東側稜線に展開され、主郭北側の稜線を五重堀で断ち切って城域を区画しています。規模は主郭が東西15m×南北30m、二の郭が東西15m×南北20m、三の郭が東西30m×南北7−8mほど、各郭の周囲には小郭を敷設させて郭を防御する構造になっています。大手筋は東麓からのルートが想定され、また搦手は北側稜線と思われます。伊深城の最大の見どころは主郭背後の稜線を執拗に切り刻んだ五重堀でしょう。1条目の堀は主郭側を7−8m切り落とした豪快なもの、ほかの堀切も竪堀をともなったもので存在感のある大規模なものです。全体的に郭の規模は小さいもの小屋掛け程度のスペースはあり、基本的には在地勢力に「避難郭」として築かれたと思われます。同地は松本平から小県に繋がる三才山峠道の谷口に位置し、交 通の要衝を抑える性格も想定されます。 (伊深城図
現地説明板の図
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。一説には平安末期 この地を支配した岡田冠者親義により築かれたとも。現在、確認できる遺構は室町中期以降のものと推測されていることから、室町期 この地を領した伊深氏・後庁氏が築城主体と想定されます。また伊深城の南麓には後庁氏が勧進したと伝えられる若宮八幡宮が祀られています。戦国期、伊深城は稲倉城主赤沢氏の属城となり、信濃府中の北部を守備する小笠原氏城塞群として機能していたと推測されます。天文19(1550)年7月の武田晴信の府中侵攻では、「十五日丁未、御備場ヘスグニ参ル、酉ノ刻イヌイノ城(埴原城か?)ヲ攻敗リ勝鬨御執行、戌刻村井ノ城ヘ被納御馬候、子ノ刻大城深志・岡田・桐原山家五ヶ所ノ城自落、島立、浅間降参・・・・・・・・・・・・」『高白斎記』)とされ、この際 伊深城は他の4城とともに抵抗らしい抵抗もせず、降伏し自落したと伝えらます。その後、赤沢氏は武田氏の支配下に組み込まれ、伊深城には武田氏の家臣小宮山氏が城代として配されました。天正10(1582)年、武田氏が滅亡し、本能寺で織田信長が横死すると、徳川家康の支援を受けた小笠原貞慶が府中を回復し、武田氏に与した在地領主はその支配下に入りました。この時、赤沢氏もその支配下に組み込まれましたが、同11(1583)年 赤沢氏は小岩嶽城主古厩因幡守・塔原城主塔ノ原三河守とともに謀反の疑いをかけられ、貞慶から自害を命じられました。、伊深城はこの時、廃城になったとされます。
伊深城  南西麓からの遠景
メモ
信濃府中衆 後庁氏の要害
形態
山城
別名
岡田城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
若宮八幡の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年10月12日
伊深城は岡田伊深地区背後の通称城山に築かれた山城です。(写真左上) 城へは南側中腹に祀られる若宮八幡から山道が整備されています。(写真右上) 山道は急斜面をつずら折れに敷設され、大手筋に想定される南東側稜線を目指します。(写真左) でっ、南東側稜線に合流し、山道を登ると稜線沿いには三の郭東側の稜線を潰した小郭群が見られ(写真左下)、じきに虎口と思しき切り込みに辿り着きます。(写真右下) 虎口は石積で区画され、内部は小空間になっています。
虎口郭から三の郭へは高低差を利用した「折れ坂虎口」になっています。(写真左上)
 
三の郭(写真右上)
規模は幅10m弱×長さ30mほどの細長い郭で、稜線を若干 加工して郭として使用していたのでしょう。でっ、三の郭と二の郭との高低差は5−6mほど、導線は左右を竪堀で狭めた土橋から坂虎口で繋がっています。(写真右) 導線は二の郭に敷設された小郭を経て(写真左下)、二の郭の虎口に繋がります。(写真右下) 伊深城は中心になる郭を段郭で防御する単調な構造になっています。
二の郭(写真左上)
主郭の南側下に位置し規模は東西15m×南北20mほど、北西端は主郭の西側をカバーする帯郭になっています。(写真右上)
主郭(写真左)
規模は東西15m×南北30mほど、内部はいたって平坦になっていて、北側縁部には高さ1.5−2mほどの土塁が築かれています。(写真左下) 規模は比較的小さく、長期の籠城には耐えそうもありませんが、信濃府中・善光寺街道を見下ろせることから監視・物見砦として利用されたのでしょう。(写真右下ー若宮八幡から松本方向、主郭からは雑木のため眺望は効きません)

主郭背後(北側)は7−8m切り落として二重堀で処理されています。(写真左上・右) さらに稜線は単発的な3条の堀切で切られ、つごう五重堀で断ち切られています。(写真左下) どの堀切も規模は大きく長大な竪堀をともなっています。(写真右下) 信濃の山城には多重堀が使用される類例が多く、その多くは武田氏時代の遺構と推測されています。