高間館
秋田県山本郡八峰町(旧峰浜村)峰浜水沢字木の宮
立地・構造
 高間館は水沢川中流域の左岸、南から北方向に張り出した河岸段丘先端(比高30m)に築かれた崖縁城です。規模は150m四方ほど、背後(南側)の段丘面を堀で区画した単郭の城館と推測されます。現在、館祉は耕作地に開墾され、遺構等は消滅しています。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。菅江真澄の『おがらのたき』には「金狐の館ともいふ。そのむかし金狐なにがしすめりしところといへり」と記されています。館主は金子氏とも、また一説には本館城主武田重左衛門の被官高間四朗が居した館とも。
高間館  東側からの遠景
メモ
・・・・・・・・・
形態
崖縁城
別名
金狐の館
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年11月25日
高間館は水沢川南岸の河岸段丘上に築かれた崖縁城です。(写真左上ー西側からの遠景) 城地は水沢川に鋭角的に張り出した三角状になっていて、丘陵続きを堀で仕切っていたと思われますが・・・・・・
・・・、堀は開墾等により消滅し、内部は畑になっています。(写真右上) なお開墾前には堀に隣接して土塁もあったようです。