竜 飛 崎
青森県東津軽郡外ヶ浜町(旧三厩村)三厩龍浜
 竜飛崎は津軽半島の最北端、津軽海峡に突き出した岬で津軽国定公園に含まれています。名前の由来はアイヌ語のタム・パ(TAM-PA 刀の上端)の転訛とする説があるようです。周辺は高台に建てられた竜飛崎灯台を中心に公園整備がなされ、津軽海峡を挟んだ対岸には北海道の松前半島が見渡せます。   (場所はココです)
 竜飛崎
 竜飛漁港
対岸には松前半島が見渡せます
 太宰治文学碑
小説『津軽』の一文を刻んだ文学碑。「ここは本州の袋小路だ。・・・・・・・・・ そこに於いて諸君の路は全く尽きるのである」
 竜飛崎灯台
竜飛岬の先端に建つ白亜の大型灯台。昭和7(1932)年7月信号業務開始。
 階段国道
日本で唯一、車輌の通らない国道。竜飛崎下の集落から段丘上まで362段の階段で繋がっています。
 旧奥谷旅館
 「津軽海峡冬景色」歌謡碑
 北部七一部隊第二中隊観測所跡
 竜飛崎西海岸