聖寿禅寺
岩手県盛岡市北山
 正式名称は大光山 聖寿寺、宗派は臨済宗妙心寺派、盛岡南部家の菩提寺です。創建時期は不明ですが、伝承によると鎌倉初期 南部実光が父光行の菩提を弔うため、三光国斎国師を招いて三戸郡小向村に三光庵として開基されたことを初源とします。その後、伽藍は衰退しましたが、慶長年間(1596-1615年) 南部信直が盛岡に拠点を移す際、瑞巌寺の僧実堂の弟子石門を招いて中興して盛岡に移築したとされます。延宝年間(1673-81年)、聖寿禅寺に改称。明治初年の廃仏毀釈により廃寺。本尊は釈迦如来、境内には南部家の廟所が設けられています。  (場所はココです)
千体地蔵堂 
文化6(1809)年に建立された五重塔の下層部分。
初代光行公の五輪塔
九代祐政公の五輪塔 
十一代信長公の五輪塔
十二代政行公の五輪塔 
二十八代重直公の墓碑
二十九代重信公の墓碑
三十代行信公の墓碑
三十二代利幹公の墓碑
三十三代利視公の墓碑
三十四代利雄公の墓碑
三十六代利敬公の墓碑
三十八代利済公の墓碑