阿仁城
秋田県北秋田市(旧森吉町)本城
立地・構造
 阿仁城は阿仁川左岸、北東方向に延びた尾根先端(標高120m 比高70m)に位置する山城で、尾根を削平して普請した北郭(主郭)・南郭からなる小規模な城砦です。尾根先端に位置する北郭(主郭)は30m×30mほどの規模。尾根続きの北側は10m以上の切岸が削崖され下部は堀切で分断され、北東・北西方向に派生した支尾根も小規模な堀切で遮断しています。主尾根に繋がる南側も堀切で分断されていたと想定されますが、林道建設で消滅しています。この尾根には痩尾根を削平した10−15m×50mの南郭(搦手郭)が配置され、南側縁部には土壇を削り残して背後からの侵入を遮断しています。この土壇の外側(南側)には堀切が穿たれ、さらに南郭同様に南側縁部に土壇を削り残した小郭を挟んで二重堀で遮断しています。秋田県の中世城郭で尾根を執拗に遮断した類例は少なく珍しいサンプルです。大手は根小屋と想定される東麓の本城神社から東側尾根を通るコースが考えられ、途中二重堀・堀切で城道は遮断されています。阿仁城は有事の際の逃げ込み砦として築かれたと想定されますが、長期間の籠城に耐えられるだけの規模ではなく、基本的には阿仁川下流域を監視する物見として機能したと推測されます。なお南西3.5kmには孫七沢館があります。
歴史・沿革
 築城時期は不明。本城地区の浄福寺境内に残る墓誌板には、畠山重忠の裔重村が築城し、以後嘉成播磨守重安・松橋東之丞高知が在城したと記されているようです。(未確認) 畠山重村については不明ですが、嘉成播磨守重安は阿仁嘉成(賀成・加成)氏の庶流で、戦国末期には檜山城主安東愛季に従い各地に転戦した安東軍の侍大将です。史料に現れるものとしては、『秋田家文書』の『湊檜山両家合戦覚書』に天正10(1582)年の「荒沢合戦」の条で「此の時の武将に内平右衛門、大高筑前、加成播磨・・・・・・・」、同15(1587)年の「唐松野の戦」の条では「一、其先仙北戸沢領の淀川と云う所の城を愛季切取りたまう、之により戸沢と秋田、合戦数度に及ぶ、此の時の侍大将嘉成播磨、鎌田河内、武威を振う・・・・・」と記されています。同16(1588)年に勃発した「湊騒動」で安東実季は檜山城に籠城しますが、嘉成一族もこれに従い、比内から阿仁郡に侵攻した南部軍と武力衝突(「米内沢塚の台の戦」)を起こします。この戦闘には嘉成嫡流常陸介資清(康清)・嘉成右馬頭貞清とともに阿仁(嘉成)播磨が阿仁衆の主力となり、南部軍を率いた萱森判官を討死に追い込み南部軍に勝利を収めました。『秋田風土記』・『郷村史略』には「松橋高知という者居す。慶長七年逐電せりと云」と記され、廃城時期には松橋高知が居城していたとされます。高知は天正19(1591)年、米内沢城主嘉成資清に攻められ自害したた阿仁風張城主松橋刑部盛光の一族と推測され、慶長7(1602)年に安東実季が常陸転封となった時に同道せずに禄を離れたとされます。廃城は佐竹氏が秋田に入封した慶長7(1602)年か?
阿仁城  北郭(主郭)北側の堀切
メモ
阿仁衆 嘉成氏庶流の要害
形態
山城
別名
 本城古館
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
本城神社鳥居前
訪城日
平成16(2004)年7月12日
平成20(2008)年5月6日
阿仁城遠景
北側から阿仁城を見たところ。阿仁城は阿仁川を眺望する比高70mの小丘陵に位置します。
本城神社
阿仁城の北・東側に延びた尾根に挟まれた微高地(比高10−15m)に位置します。境内は比較的広い平場で、往時は居館があったと推測されます。阿仁城へはここから山道があります。
東側の尾根
本城神社からは東側尾根まで山道があり、登り切ると痩尾根を削平した平場(写真左上)に辿り着きます。大手筋を守備した前衛陣地でしょうか。ここからさらに進むと、幅4−5m・深さ3−4mの小規模な二重堀(写真右)が現れ、さらに尾根を進むと幅10m・深さ6−7mの大堀切(写真左下)が尾根を遮断しています。思っていた以上に遺構は良好に残存しています。
北郭(主郭)
尾根先端部分の郭で主郭と想定されます。内部は藪茫々で見通しが悪いですが、規模は30m×30mほどあるようです。尾根続きの北側は10m以上の切岸が削崖され、下部は堀切で分断されていたと思われますが、林道整備で堀は埋められ端部にかすかに堀祉(写真右)が見られます。さらに北東・北西方向に派生した支尾根も小規模ながら堀切(写真左下)で遮断しています。相当丁寧に普請されています。
南側の尾根
北郭から南側尾根は堀切で遮断されていたと想定されますが、林道整備で堀は消滅し、かすかな段差で堀祉が確認できるのみ。この堀祉から南側には10−15m×50mの平場(写真左上 南郭)があり、南側縁部は尾根を削り残した土壇で処理されています。土壇の南側には堀切(写真右)が穿たれていることから、この平場も郭だったと思われます。さらに南側尾根には南郭同様に土壇を敷設した小郭(平場)を1つ配置し、二重堀(写真左下)で尾根を遮断しています。秋田の城郭でこれだけ執拗に尾根を堀切で遮断した類例は少なく、珍しいサンプルです。天正16(1588)年の「湊騒動」時に南部氏の侵攻に備えての普請と推測されます。