米内沢城
秋田県北秋田市米内沢
立地・構造
 米内沢城は阿仁川左岸、倉ノ山(標高314m)から北方向に延びた丘陵先端(標高140m 比高90m)に位置する山城で、大きくは北郭・南郭の2郭からなります。主郭は北郭と想定され、規模は東西120−130m×南北20−30mほど、北側は急斜面の断崖で東側に延びた尾根は小規模な堀切で遮断され、堀底は南側に延びた帯郭に変化します。北郭・南郭間は120−30mの痩尾根で繋がり、2条の小規模な堀切で遮断され、南郭手前には比較的大きな堀切が普請されています。尾根の西側は急斜面になっていますが、東側は緩斜面になっているため段郭郡で処理されています。南郭は小ピークに位置する小郭(径5−6mほど)と、この小郭の北東側をカバーする郭(幅15−20mほど)群からなりますが、郭が狭小なことから短期的な逃げ込み郭と想定されます。大手筋は城の東側に切り込んだ沢から、北郭・南郭間の谷地を通り痩尾根に繋がるコースが想定されます。また根小屋は周囲より高い丘陵に位置する城北麓の米内沢神社周辺が想定され、米内沢城は要害と根小屋からなる広大な城郭だったと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は中世(何時からかは不明)阿仁川・小阿仁川流域を支配した在地領主嘉成氏とされます。戦国期の当主常陸介資清(康清)は安東愛季の頃に檜山安東氏の支配下に入り、安東軍の「比内侵攻」(永禄5 1562年)・「鹿角侵攻」(永禄8 1565年)に参陣しています。天正16(1588)年に勃発した「湊騒動」では、「一、仙北ノカドヤト云口ノ押へニハ、・・・・・・・・大アニハ賀成常陸、右馬頭、小アニハ松橋美濃ヲサシ置キ・・・・・・・・・」(『湊檜山両家合戦覚書』)とされ、嘉成一族は比内から阿仁に侵攻する南部軍に備えたとされます。翌17(1589)年、萱森判官が率いた南部軍は阿仁に侵攻しますが、常陸介資清(康清)・右馬頭貞清・阿仁城主阿仁(嘉成)播磨等の阿仁衆は「米内沢塚の台の戦」で南部軍を撃破します。この勝利を引き金にして「湊騒動」で劣勢に立たされていた安東実季は反撃を開始し、「湊騒動」に勝利を収めました。同18(1590)年、嘉成貞清は「湊騒動」で南部氏の支配下に置かれた比内の奪還に成功しますが、南部軍との戦闘で討死します。「比内制圧」後、嘉成資清は米代川中流域まで勢力を拡大し、さらに同19(1591)年には同じ阿仁衆・風張城主松橋刑部盛光を攻撃して阿仁全域を支配下に置きました。「関ヶ原の戦」後の慶長7(1602)年、安東実季は常陸に転封となり嘉成嫡流(『秋田家文書』に見える重兵衛か?)も実季に同道したとされます。嘉成氏退去後の米内沢城は佐竹義宣の被官赤坂下総守朝光が接収し、同8(1603)年に廃城。
秋田県の中世史というのは不明点が非常に多いのですが、特に河北郡(米代川下流域 現在の能代市・山本郡)に関しては伝承・史料を含めまったくないというのが現状です。一例をあげると、雄勝・平鹿を支配した小野寺氏被官の在所というのはほぼわかっているのに比べ、檜山安東氏被官の居住地は伝承を含めてわかっていないという状態です。この中で唯一わかっているのが、阿仁川・小阿仁川流域を支配した嘉成(賀成・加成)氏の城郭です。これは嘉成氏がもともと安東氏の支配下にあったのではなく、安東氏と同じ独立した国人領主だったからだと考えられます。嘉成氏の出自は不明。ただし阿仁郡に嘉成(賀成・加成)という地名は伝わっておらず、このため在地発生の勢力ではなく外部から入部し土着した勢力と考えられています。一説には15世紀、南部氏の出羽侵入に与力した陸奥葛西氏の勢力ともいわれています。この嘉成氏が歴史の表舞台に現れるの(史料上の初見)が、永禄5(1562)年の安東愛季による「比内侵攻」です。愛季以前の安東氏と嘉成氏の関係はわかりません。愛季が家督を継いだのが天文22(1553)年、比内に侵攻したのが永禄5(1562)年と考えると、比内制圧のためには嘉成氏の協力が不可欠と考えた愛季が働きかけた可能性は高いようです。当初、両者の関係は臣従関係ではなく、安東氏側優位の同盟関係ではなかったかと思われます。例をあげると、信長と家康の同盟関係に近かったのではないでしょうか。比内を制圧した愛季はさらに南部領の鹿角郡に侵攻します。『南部叢書』「聞老遺事」では愛季に率いられた比内・阿仁・松前・由利の兵が鹿角に侵攻したと記され、この中の阿仁が嘉成氏を指すものと考えられます。また地理的な与件から嘉成氏が安東軍の主力だったとも想定されます。この鹿角侵攻以後、嘉成氏は安東氏の軍事行動に度々登場し、この間に同盟関係から臣従関係に変容したのでしょう。『湊檜山両家合戦覚書』(『秋田家文書』)によると天正10(1582)年の「荒沢合戦」の条で「此の時の武将に内平右衛門、大高筑前、加成播磨・・・・・・・・」、同15(1587)年の「唐松野の戦」の条では「一、其先仙北戸沢領の淀川と云う所の城を愛季切取りたまう、之により戸沢と秋田、合戦数度に及ぶ、此の時の侍大将嘉成播磨、鎌田河内、武威を振う・・・・・・・・」と記され、安東軍の主力だったのでしょう。また『奥羽永慶軍記』の「湊檜山両家合戦覚書」では「一、仙北ノカドヤト云口ノ押へニハ、・・・・・・・大アニハ賀成常陸、右馬頭、小アニハ松橋美濃ヲサシ置キ・・・・・・と記され、愛季死去後の「湊騒動」では檜山城に籠城した檜山安東実季に従い、南部軍の阿仁侵入に備えました。同17(1589)年、阿仁に侵攻した南部軍との武力衝突「米内沢塚の台の戦」では地の利で優位となった阿仁衆の勝利に終わり、この勝利で閉塞感のあった檜山安東氏は湊安東氏に対して優位に立ち、結果的には「湊騒動」に勝利をおさめました。この乱後、嘉成氏の安東氏内部での発言力は強大になったと考えられます。このことが如実に現れた例が、天正19(1591)年に発生したとされる嘉成資清の風張城攻めです。事件の詳細・経緯は不明ですが、嘉成資清が同じ阿仁衆の松橋刑部盛光を攻撃し阿仁全域を掌握したとされる事件です。松橋盛光は嘉成氏と同じく檜山安東氏の支配下にあった国人領主でしたが、この事件で松橋家は没落します。またこの事件に対して安東家中が何らかの行動を起こした形跡はなく、安東家も半ば黙認したと考えられます。嘉成氏はさらにこの頃から米代川中流域まで支配地域を広げたと推測され、また安東氏の家臣として比内郡代を務める浅利頼平を監視する立場にもあったと考えられます。史料に見える嘉成氏の一族は、『秋田家文書』では常陸介・右馬頭・播磨・九郎兵衛・三七・弥四郎等・左京介・兵庫介・・・・・・・・、『奥羽永慶軍記』では多兵衛・十兵衛・十蔵・右兵衛尉等・・・・・・・・。この中で常陸介・右馬頭が嘉成氏の嫡流とされ、播磨は傍流の中でも上位に位置する家系だったようです。安東愛季に従い比内・鹿角に侵攻した「阿仁」は常陸介資清(康清)・右馬頭貞清を指すものと推測され、天正18(1590)年に貞清は「湊騒動」で南部氏の支配下にあった大館城を奪回するものの討死したと伝えられます。播磨は安東愛季に従い各地に出陣し、天正10(1582)年の「荒沢合戦」、同15(1587)年の「唐松野の戦」では安東軍の侍大将と伝えられる人物です。『秋田城之介分限帳』によると、嘉成重兵衛(資清か?)と七倉城主嘉成三七が安東家の直領を管理する三分の一代官として記されています。『秋田家文書』によると「湊騒動」以降、嘉成氏の米代川中流域への進出はめざましく、九郎兵衛は本領の他に比内郡岡崎村を、左京介は比内郡小森村を、兵庫介は比内郡二井田村を新たに領地と給されています。そうこうしている中、慶長7(1602)年に安東実季は常陸に転封となり重兵衛・九郎兵衛は実季に同道しますが、他の庶流は実季から「暇を出され」て阿仁に残ることとなります。安東氏退去後の阿仁には秋田に入封した佐竹義宣の家臣赤坂朝光が米内沢城を接収しました。しかし阿仁の地侍(杉花弾兵衛・飛塚久兵衛・芹田弥二朗等)は佐竹氏の支配に反抗して「阿仁一揆」と称される武力蜂起を起しました。一揆鎮圧後、斬首・獄門にさらされた者に加成専右衛門・同四郎兵衛等の名があることから、一揆には相当数の嘉成氏一族が同心していたと推測されます。阿仁の残った最大勢力で小阿仁を支配していた七倉城主嘉成三七の消息は不明ですが、一揆には加わっておらず帰農したと思われます。現在、阿仁郡には神成姓の家が相当数ありますが、大多数の家が近世に阿仁に残って帰農した嘉成氏庶流を祖としているようです。
米内沢城  南郭・北側の堀
メモ
阿仁衆 嘉成氏の本城
形態
山城
別名
・・・・・ 
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
米内沢神社駐車場借用
訪城日
平成20(2008)年5月1日
米内沢城遠景
北側の阿仁川沿いから米内沢城を見たところ。比高90mほど、阿仁川を米内沢城の外郭ラインとして取り込んでいたと想定されます。
米内沢神社
米内沢城へは北麓の米内沢神社脇から登山道が整備されています。米内沢神社は周囲より10−15mの丘陵上に位置し、もしかしたら居館があったのかも・・・・・
北郭
北麓から登り切ったところが北側の郭で主郭と想定されます。北西側(写真左上)には東屋が建てられ相当改変されていますが、規模は東西120−130m×南北20−30mほど、内部(写真右)は藪茫々で見通しは利きません。東側の小尾根は堀切(写真左下)で遮断され、堀底は南側に廻り込んで帯郭に変化します。雑木がなければ阿仁川下流方向を一望にできるのですが・・・・・
北郭・南郭間の尾根
北郭から南郭へは痩尾根で繋がっています。痩尾根は西側が急斜面になっているのに比べ、東側は緩斜面になっているため、段郭で処理されています。痩尾根は小規模な2条の堀切(写真左)で遮断され、南郭手前には比較的大きい堀切(写真右)が穿たれています。
南郭
小ピークに位置する小郭(半分以上崩落していますが・・・・)と北東側の緩斜面を削平した郭群からなります。ピークの郭(写真右)は径5−6mほどの小郭で物見と想定され、この小郭の北東側をカバーする郭(写真左)も幅15−20mくらいの郭で、臨時の逃げ込み郭だったのでしょう。ここから東・南側には尾根が派生していますが堀切は見当たりません。