岩 間 家 住 宅
新潟県村上市庄内町(まいずる公園内)
 岩間家住宅は村上城下五軒町(現 飯野町)にあったものを平成7(1995)年、現在地に移築復元されたもので、形態は寄棟造、茅葺屋根の直屋形態。もともと二棟続きの長屋形態の下級武家屋敷として建築されたものを、安政5(1858)年 一戸建形態の中級武家屋敷(村上藩士須貝勝太郎宅)に改造されたもの。(「安政五戌午歳五月吉日 大工 羽黒町清八造之」と記された墨書発見) 昭和23(1948)年、旧新庄藩出身の岩間氏が所得し、後に村上市に寄付。平成4(1992)年、江戸末期の下級武家屋敷の貴重な遺構として村上市の有形文化財に指定。  (場所はココです)
現地リーフレットの所収図 
外観 
土間 
茶の間 
取次の間・次の間(奥) 
座敷 
縁側