松 代 藩 文 武 学 校
長野県長野市松代町松代
 松代藩文武学校は松代藩士子弟の学問・武術を学ぶ場として建設された松代藩の藩校です。信州松代藩は江戸中期の六代藩主真田幸弘の代に江戸から菊池南陽を招いて経書の講義をし、その後も岡野石城、窪田馬陵、西沢貞政(松代藩士)、金井晟(松代藩士)等を教授方に藩士の教育を執り行なっていました。そして天保8(1837)年、八代藩主幸貫の代に学舎建設の計画を建てると、藩の儒官林鶴梁に命じて水戸藩弘道館の組織・経営方法を学ばせ、文武学校は安政元(1854)年、九代藩主幸教の代に城下清須町に完成しました。しかし同年、松代城内花の丸御殿が火災により焼失したため、急遽 文武学校が仮の花の御殿に利用されました。そして翌2(1855)年、花の御殿再建により、文武学校は開校となりました。明治2(1869)年、文武学校を藩学校に改称。同(1872)年、松代藩廃藩にともない廃校。総敷地は924坪、建坪は455坪、敷地内には教室にあたる文学所や東序、西序また武術を学ぶ剣術所、柔術所、弓術所、槍術所が配置されていました。また当時、一般的だった孔子廟を敷地内には設けず(儒教を重要視しない)、講義には西洋の医学・軍学を設けるなど当時としては先進的な教育が行われました。昭和28(1953)年、国の史跡に指定。同48(1973)年、復元修理工事が開始され、同53(1978)年 工事終了、一般公開されました。平成8(1996)年、長国寺の庫裡として移築されていた槍術所を元の位置に再度移築。   (場所はココです)
西序 
西洋砲術の教室
東序 
漢方医学・西洋医学の教室
槍術場 
弓術場 
御役所 
御役所 玄関 
御役所 御居間 
文学所 
文学所 内部