遠藤野城
秋田県大仙市(旧中仙町)長野字遠藤
立地・構造
 遠藤野城は仙北平野の北東部、玉川左岸の微高地に築かれた平城と推測されます。規模は東西250m×南北50m以上(北側が玉川により消失いるため不詳)、土塁と堀(濠)で囲った単郭の方形館と推測されます。現在、城址は宅地に囲まれ一部 改変されていますが、南側部分は残存し土塁と堀(濠)祉が確認できます。規模は堀(濠)が幅10m、土塁は下幅2−3m・高さ1mほど。大手は南側に開いていたと思われます。基本的には村落領主の日常居館、また玉川舟運の監視機能があったものと思われます。

 築城時期・築城主体・城主ともに不明。天正18(1590)年、豊臣秀
吉の「戸沢領三十五城破却令」により廃されていることから、 戦国期には角館城主戸沢氏の支配下にあった領主が居住していたと思われます。、
歴史・沿革
遠藤野城  南側の土塁
メモ
戸沢三十五城
形態
平城(方形館?)
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・濠祉・土橋?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年11月30日
遠藤野城は玉川の南岸、遠藤野地区が城址になります。(写真左上ー南側からの遠景) でっ、城址は宅地化により消滅しているかと思ったのですが、民家は城址の南側を巻くように建てられていて、実は残っていました。内部の規模は東西250m×南北50mほど、北側が玉川によって削られており、実際はもっと大きかったのでしょう。(写真右上ー内部 写真左ー西側縁部) でっ、民家に接した南側には堀(濠)の痕跡と堀に面した土塁が確認できます。(写真左下ー堀祉 写真右下ー土塁) 規模は堀(濠)が幅10m、土塁は下幅2−3m・高さ1mほど。
土橋?(写真右)
玉川に面した西側に見られるもの。大手虎口は南側中央に設けられていたと推測されることから、サブ虎口だったのかも。また後世の改変とも推測されますが・・・・・・・・・。