葛川館
秋田県大仙市(旧中仙町)豊岡館ノ内
立地・構造
 葛川館は仙北平野の北東部、小滝川北岸の平野部に築かれた平城らしいです。現在、館祉は宅地・耕作地に改変され遺構等は残っておらず、規模・構造ともに不明。「館ノ内」の小字名が残るのみ。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。菅江真澄の『月の出羽路』の葛川村の条には「館間、同二戸。此村に古柵あり。いにしへ某居城といふ事さだかならずといへり」と記され、また古柵ノ来歴の条には「此古城跡は白岩兵庫頭の分家とのみ云ひて、其名は某といふ事をしらず。宝伝院は城主の菩提寺、花通谷は祈願所のよし。むかしは小城下にして、町屋跡に風
呂屋宅地の跡なンド田畠の字に残りぬ」と記されています。館主は白岩城主白岩氏の一族あるいは家臣が居住していたと思われます。
歴史・沿革
葛川館  南西側からの遠景
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
葛川部落会館の駐車場借用
訪城日
平成25(2013)年4月22日
葛川館は小滝川右岸の葛川館ノ内地区にあったようですが、遺構は完璧に消滅しています。管理人は周囲を徘徊しましたが・・・・・・・・、特に遺構は認められず。ま〜〜〜、小滝川を自然の濠とした平城だったと思われますが、地割にも痕跡は見られませんでした。(写真左上ー南西側からの遠景 写真右上ー北東側からの遠景)