曹渓寺
秋田県大仙市(旧中仙町)長野
歴史・沿革
 慶長7(1602)年、佐竹義宣の秋田転封に同道した佐竹北家の佐竹義廉は仙北郡長野に所領を宛がわれて紫島城を築き、この際 菩提寺の常光院を常陸から長野に移しました。しかし元和7(1621)年、義廉の養子となっていた佐竹義直(佐竹義重の五男・佐竹義宣の弟)が宗家の世嗣に指名されたため佐竹北家は絶家され、また元和9(1623)年 紫島城は「一国一城令」により廃城となりました。寛永5(1628)年、大納言高倉久慶の次男義隣(佐竹義宣の妹の子)は佐竹北家を相続して再興すると、明暦2(1656)年 嗣子なく廃絶になった蘆名氏に代わって角館所預となり、この地を離れて角館に移りました。その後、常光院も宝暦3(1753)年 佐竹北家の御霊屋を曹渓寺に託して角館に移築されました。   (場所はココです)
(写真左) 本堂
 
(写真左下・右下) 佐竹北家の御霊屋
内部には慶長19(1614)年の「大阪の陣」に出陣して遠江国掛川で病死した佐竹義廉の墓碑など六基の墓碑が弔われています。