鶯野城
秋田県大仙市(旧中仙町)長野館ノ郷
立地・構造
 鶯野城は仙北平野の北東部、玉川左岸の微高地に築かれた平城です。城の規模は推定東西80m×南北80−100mほど、周囲を土塁と堀で囲った単郭の方形館と思われます。現在、城址は法幢寺境内・墓地・運動場になっていて、内部には遺構はありませんが、北・西・南側に2−3m前後の段差が見られます。同地は角館と大曲を繋ぐ基幹道が通る交通の要衝地だったと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主としては鶯野加賀守の名が伝わっていますが詳細は不明。菅江真澄の紀行文『月の出羽路』には「古館、家一戸、此地むかし戸沢候の居館ありしよしをいへり。」と記されています。天正18(1590)年、「奥州仕置」により戸沢三十五城のひとつとして破城。
歴史・沿革
鶯野城  西側からの遠景
メモ
「戸沢氏領三十五城」
形態
平城(方形館?)
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭・土塁?・濠祉
場所
場所はココです
法幢寺境内
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年11月30日
鶯野城は玉川の南岸、長野地区北側の微高地に築かれた平城で、現在は法幢寺の境内になっています。(写真左上ー西側からの遠景) 内部は墓地の建設・運動場の建設等により相当改変されていますが、北・西・南側には明確な段差(2−3m前後)が見られ、典型的な方形館と思われます。(写真右上ー北側の塁線 写真左ー西側の塁線 写真右下ー南側の塁線) でっ、西側には土塁らしきものも見られますが、この部分は法幢寺境内より低くなっており、運動場を整備した際のものなのでしょう。(写真左下)
 
現在、法幢寺の山門は南側に向かって開いています。(写真右) 実はこの山門の位置が南北に延びた道路に連結して、このラインが城の東限だったと思われます。