八乙女城
秋田県大仙市(旧中仙町)中仙長野
立地・構造
 八乙女城は玉川右岸の東側に張り出した丘陵先端(比高70m)に位置する平山城で、先端頂部を主郭に西側に二の郭・三の郭を配置した連郭式の城郭です。主郭の北東側斜面には2−3段の段郭が、南側には3−4段の腰郭が配置されています。主郭・二の郭間は尾根鞍部で区画され、武者溜と考えられる平場になっています。二の郭・三の郭間は堀切で分断され、三の郭を独立した郭として際立たせています。城域は東西500m×南北150mほど、北・南側は急峻な断崖で緩斜面部分は段郭で処理され、玉川を自然の濠として外郭ラインを形成していたと考えられます。主郭からは仙北平野を一望に見渡すことができる要衝地です。 
歴史・沿革
 築城時期は不明。11世紀初期に安倍氏が築いた古代城柵が八乙女城の初源とされます。戦国期には角館城主戸沢氏配下の八乙女氏の居城したとされる戸沢三十五城のひとつです。八乙女氏は『奥羽永慶軍記』で頻繁に名前が現れる戸沢氏の重臣です。
八乙女城 主郭の虎口
メモ
戸沢氏の仙北進出の
前線基地
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭・櫓台?・堀
場所
場所はココです
駐車場
八乙女公園駐車場
訪城日
平成18(2006)年5月27日
平成19(2007)年11月30日
八乙女城遠景
南西側から八乙女城を見たところ。前面の玉川に突き出した丘陵先端に位置(写真中央)するのが主郭です。城の東から南側に廻り込む玉川は、自然の濠として利用されたのでしょう。
尾根鞍部
主郭・二の郭間の尾根鞍部。現在は駐車場として利用されていますが、往時は武者溜だったと想定されます。
主郭方向
武者溜から主郭方向を見たところです。主郭の西側には通路状の細長い腰郭が配置され、郭の左右は断崖になっています。
主郭
規模は東西60m×南北50mほど。城域東端に位置し、仙北平野を眺望する要地です。中央には櫓台状の土壇らしきものもありますが・・・・・
東出丸
主郭の東側に突き出した腰郭。玉川を挟んで仙北平野を一望にできます。 (写真右)本堂氏の支配した仙北郡東部地域です
二の郭
東西100m×南北40m。公園として整備され慰霊碑が祀られるなど改変を受けています。
堀切
尾根鞍部を利用した二の郭・三の郭間の堀切。車道建設で相当改変を受けているようです。
三の郭
二の郭側から三の郭を見たところ。上記の堀切から比高20mほど上にあり、背後の尾根鞍部で区画された独立した郭となっていますが、郭部分は削平も甘く自然地形そのものです。南側斜面には帯郭(写真右)が数段、普請されています。