十六沢城
秋田県大仙市豊岡字十六沢
立地・構造
 十六沢城は仙北平野北東縁、奥羽山脈から西側に張り出した支尾根先端(標高220m 比高110m)に位置する山城です。頂部に位置する主郭は東西120−130m×南北20mの細長い郭で、東・西側は急斜面で防御され、南側の丘陵部は堀切で遮断され、西側も堀切で分断され端部は段郭で処理されています。主郭の北西側は急斜面に帯郭が普請され馬場と称されています。さらにこの下には左右に沢が切り込んで、L字状に区画された馬出状の郭があり、主郭側の斜面とは土橋状の通路で繋がっています。この馬出郭の北西側斜面には横堀が穿たれ、さらに6−7条の不規則な畝堀が敷設されています。この下にも郭らしき平場(二の郭?)があり、周囲は切岸で防御されています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。『秋田風土記』では10世紀の頃に宮藤六兵衛、左近の将監に任じ、名を有信といって小沼等八ヶ村を領して十六沢城を築いたとされ、また菅江真澄の『月の出羽路』には「今の斉主小沼村の里正藤沢喜左衛門は、むかしの六供坊の内、実相坊が後胤也といへり、天喜五(1057)年阿部合戦(前九年の役?)の時御堂余波なく回禄之、此再興は十六沢の領主にて大織冠鎌足公の後にて、白岩の城主左近将監有信朝臣といふ君あり。其家臣に宮藤六兵尉藤原正種といふ雄士あり・・・・・・・」と記され、この藤原正種という人物が城主と考えられます。その後、建暦2(1212)年に白岩城主善衛門(白岩氏か?)に攻略され落城し白岩城の支城となり、戦国期に白岩氏が角館城主戸沢氏の支配下に組み込まれると、戸沢氏の属城になったと考えられます。
十六沢城  主郭の城址碑
メモ
白岩氏の支城
形態
山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭・虎口・馬出?・堀・畝堀?
場所
場所はココです
県民憩いの森
駐車場
県民憩いの森駐車場
訪城日
平成19(2007)年11月30日
十六沢城遠景
南西方向から十六沢城を見たところです。↓が主郭で比高110mほど、南側の丘陵基部は堀切で分断されています。
二の郭
現在、公園整備され改変を受けていますが、本来は痩尾根を急峻な断崖に削崖された郭だったと考えられます。
横堀・竪堀
馬出郭の北西側斜面に配置された規模の大きい横堀で、堀底から馬出郭まで高さ6−7mほどあります。この横堀から6−7条の竪堀が普請されていますが、上下2段に交互に構築された畝の間を縫うように普請された、かなり特殊な構造をしています。(写真右) 城郭遺構かどうかはわかりません。
馬出郭
主郭の北西側に位置するL字状の郭で、東・西側は切り込んだ沢(写真左下)によって区画されています。幅は10−15mほどで、周囲の切岸は6−7m。北側には前述の横堀があります。
北西側斜面
主郭の北西側斜面は急峻な断崖で、ここには現在つずらおれに遊歩道が敷設され、本来の大手筋もこのコースが想定されます。比較的緩斜面の部分は段郭(写真右)で処理されています。
馬場
主郭直下の幅5−8mの帯郭は馬場と伝えられます。主郭とは4−5mの切岸で区画されています。
堀切
馬場から西側に延びた延長ラインは主郭の西側斜面を分断する堀切に変化します。この堀切の外側も段郭で処理されています。
主郭
東西120−130m×南北20m。内部は仕切り土塁で区画され、仙北平野を一望にできる要地です。
堀切
主郭南側の丘陵基部とを分断する堀切で、深さ7−8mほど。小沼観音に繋がる搦手に想定されます。
仙北平野方向