苗 木 城
岐阜県中津川市苗木
立地・構造
 苗木城は木曽川中流域の右岸、木曽川に突き出した通称高森山(標高430m 比高180m)に築かれた山城です。城の規模は東西200m×南北300mほど、城縄張りは山頂ピークを加工した本丸(中世は主郭)を中心に各側面に導線を兼ねた帯郭・腰郭を設け、北側下に三の丸を、西側下に二の丸を敷設したシンプルな構造になっています。規模は本丸が東西30m×南北40m、二の丸が東西25−30m×南北80m、三の丸が東西30m×南北70mほど。本丸には自然石の天守台を利用した天守や居間・次の間等が置かれ、二の丸には藩庁施設・藩主居館が、三の丸には大手正門風吹門やこ大手口を警備・守備した大矢倉が構えられていました。苗木城は総石垣で構築されて
現地説明板の図
いますが、もともと岩山を利用して築かれているため、一部 自然の巨岩を石垣として利用し、それを人為的な石垣で抱きかかえる特殊な形態になっています。大手筋は北西麓に想定される城下から竹門 ⇒ 風吹門に繋がるルートだったようです。

 苗木城は天文年間(1532−55年)、遠山直廉により築かれたと伝えられます。遠山氏は鎌倉初期、美濃国恵那郡に地頭職として入部した鎌倉御家人 加藤次景廉の嫡子 景朝を祖とし(岩村)遠山氏を称したとされます。苗木城を築いた直廉の家系は鎌倉末期、木曽川沿いの福岡に進出した岩村遠山景光の次男光高を祖とし、南北朝期の新藤太景信の代に拠点として植苗木(うわなぎ)に広恵寺城を築いたと伝えられます。(『美濃国諸家家譜』) 室町期、苗木遠山氏は嫡流の岩村遠山氏・明知遠山氏と並ぶ東濃の有力国人(遠山三頭)に成長し、大永6(1526)年の遠山一雲入道昌利・伯耆守景長(景徳)父子の代に木曽川の北岸 高森山に拠点を移したとされます。その後、苗木遠山氏へは岩村遠山景任の弟左近助直廉が入嗣し、直廉の代に苗木城は築かれたとされます。弘治元(1555)年、岩村遠山氏は東濃に侵攻した武田氏に出仕し、このため苗木遠山直廉もまたその支配下に組み込まれました。その一方で遠山氏は美濃に食指を伸ばす織田信長とも誼を通じ、永禄3(1560)年の「桶狭間の戦」には「苗木勘太郎」(遠山直廉か?)が織田方に参陣しています。元亀3(1572)年、直廉は武田氏の飛騨侵攻に従軍したものの、この際の矢傷により死去し、苗木遠山家へは信長の命により飯羽間遠山家から右衛門佐友勝が入嗣しました。同年、武田信玄の上洛戦が開始されると東濃には秋山虎繁(信友)率いる武田勢が侵攻し、岩村城を含む「遠山十八支城」は武田勢の猛攻を受けて陥落しました。天正3(1575)年、「長篠の戦」で武田勢が壊滅的な大敗を喫すると織田信長は東濃に侵攻して岩村城を落とし、織田方に加担した苗木遠山・明知遠山を除く遠山諸家は滅亡に追い込みました。同10(1582)年2月、織田信長の武田討伐が開始されると友勝のあとを継いだ右衛門佐友忠は木曽義昌とともに先方衆として出陣し軍功をあげます。しかし同年6月、「本能寺」で信長が横死すると友忠は岩村城を奪還すべく行動を起こし、このため兼山城主森長可と対峙しました。同11(1583)年、森長可は羽柴秀吉の支援を受けて苗木城を攻略し、このため友忠・友政父子は徳川家康を頼って浜松に出奔したとされます。その後、苗木城は森氏の属城として森氏の家臣 林新右衛門・関治平衛が城代を務め、慶長4(1599)年 森忠政が信濃国川中島に移封されると苗木領は河尻秀長(直次)に与えられました。翌5(1600)年、「関ヶ原の戦」が起こると遠山友政は西軍に与した苗木城を攻略し、戦後 旧領を安堵され苗木城を回復します。以後、明治維新まで苗木遠山氏が苗木城を居城としました。
歴史・沿革
苗木城 大矢倉
メモ
中世ー苗木遠山氏の要害
近世ー苗木遠山藩の藩庁
形態
山城
別名
霞ヶ城・赤壁城
遺構
郭(平場)・天守台・櫓台・虎口(門祉)・石垣・建物礎石・井戸
場所
場所はココです
駐車場
登り口に専用駐車場あり
訪城日
平成28(2016)年11月9日
苗木城は木曽川の北岸、通称城山(高森山)に築かれた山城です。(写真左上ー南東側からの遠景) でっ、登り口に向かう途中には苗木遠山史料館があり苗木城の模型を見てから見学するとわかりやすいです。登り口は城山の北西中腹にあり、現地リーフによると竹門があったようです。(写真右上) なお竹門は石垣で固定されたS字状の導線になっていて、上部には足軽の宿泊小屋 「足軽屋敷」(写真左)や遠山家の祈願所 「龍王院」が置かれていたようです。(写真左下) でっ、大手筋と思われる導線を約150mほど進むと風吹門にたどり着きます。(写真右下) 風吹門は城下から三の丸に繋がる大手正門にあたり、飼葉蔵としても利用された櫓門だったようです。
三の丸(写真左上)
本丸の北側に位置し、規模は東西30m×南北70mほど、北西隅には風吹門に繋がる大矢倉が構えられています。(写真右上) 大矢倉は石垣で構築された三層構造の櫓台で、上段は三方を石垣で囲った穴蔵形式だったようです。(写真右) また三の丸の東側には1段低く加工された空間が設けられここには駈門が構えられていました。(写真左下・右下) たぶん ・・・・・・・・・、駈門は搦手口にあたるのでしょう。
大門(写真左上)
三の丸の南端に位置する大門は城内最大の門で二層の櫓門形式、大門が開門されるのは藩主が参勤交代のため江戸に出府するときなど特別の日に限られたようです。大門から入った内部は狭い空間になっていますが往時、ここには勘定場や御朱印蔵等が置かれていました。(写真右上) でっ、ここから本丸への導線は本丸の西側斜面をジグザグに登るように敷設され導線には綿蔵門⇒坂下門⇒菱櫓門が設けられていました。(写真左ー綿蔵門・ 年貢として納められた真綿を門の二階に収納したことが門の由来 写真左下ー坂下門・坂道の下にあることが門の由来、単層の二脚門 写真右下ー菱櫓門への導線)
菱櫓門(写真左上)
本丸の北側下に構えられた二層の櫓門。ここを過ぎると前面には本丸北側の石垣が見えてきます。(写真右上) この部分の石垣は基底部に巨石を用いた切込ハギで積まれ、隅部は算木積で構築されています。でっ、石垣の下には千石井戸と呼ばれる石組の井戸が残っています。(写真右) ここから本丸へは右(西)方向に進んで本丸口門から繋がり(写真左下ー本丸口門・本丸と二の丸の境をなしていた門、総欅造りで建てられていたことから「欅門」とも)、左(東)方向に進むと的場にたどり着きます。なお本丸口門から進んだ本丸の西側下には武器蔵・具足蔵が置かれていたようで建物の礎石が残存しています。(写真右下)
(写真左上) 武器蔵
(写真右上) 具足蔵
(写真左) 笠置矢倉
本丸の南西側下に構えられた巨岩の上につくられた矢倉。往時は三層構造の掛屋造りの建物だったようです。笠置山に向かって構えられたことからこの名で呼ばれていました。
(写真左下) 馬洗岩
本丸の南側下にある巨大な自然岩。(周囲約45m) 名前の由来はかつて苗木城が敵に攻撃され水の手を切られた際、この岩の上で米で馬を洗ったことに由来。でっ、ここから本丸へサブ導線が設けられています。(写真右下)
本丸(写真左上)
高森山山頂部を加工した平場で、規模は東西30m×南北40mほど。大手口は北側に設けられ(写真右上)、内部には「居間」「次の間」「台所」「千畳敷」等が置かれ、西端には自然石を利用したと思われる天守台が残存しています。なお本丸の周囲を囲った高石垣は巨岩を抱きかかえるよう 切込ハギで構築された かなりレアな遺構です。(写真左下ー東側の石垣 写真右ー西側の石垣)
(写真左) 城址碑
(写真右上・左下) 天守台
苗木城の天守は二つの自然石をまたぐように構築された三層構造の懸け造り。規模は一層が4m×5m、二層が6×6mほど。現在の展望台は往時の三層部分を一部 復元したもので眺望がGOOです。(写真右下ー展望台から中津川方向)
 
(写真左上) 天守台から南西方向
(写真右上) 本丸東側下の的場
二の丸(写真右)
本丸の北西側下に位置し、規模は東西25−30m×南北80mほど。往時、内部には城主居館や藩庁施設が置かれ、現在は建物礎石が残存しています。また南側下には的場が設けられ(写真左下)、東側中央の台所門から綿蔵門へスロープ導線で繋がっています。(写真右下) 苗木城は比較的小さな城郭ですが、それでも1万石の大名では城の維持は大変だったはず。ま〜〜〜、それを許した徳川幕府の意図とは?。