七 尾 城
石川県七尾市古城町・古府・古屋敷・城山
立地・構造
 七尾城は七尾湾に面した石動山系北端の通称 城山(標高300m 比高250m)に築かれた山城で、中枢部の規模は東西800m×南北800mほど。城縄張りはピークに構築された主郭を中心に北西方向に延びた稜線尾根に郭が展開された連郭式縄張りが採用され、夥しい数の郭が敷設されています。このうち城中枢は南から長屋敷ー主郭ー桜の馬場(遊佐屋敷・温井屋敷)ー二の郭ー三の郭ー袴腰と連郭式に連なり、北麓からの大手導線は袴腰から中枢部に入り、三の郭ー二の郭の側面を通り、調度丸 ⇒ 桜の馬場 ⇒ 主郭に繋がっています。主郭の規模は東西50m×南北50mほど、北ー東側側面は石垣で加工され、西側には高さ3mの土塁が築かれ、土塁の外側には外桝形(馬出?)の小郭が設けられています。主郭の東側には大堀切で遮断された小ピーク(標高319m)に「長屋敷」が配置され、有事の際の「避難郭」と推測されます。主郭の北側には遊佐屋敷・桜の馬場・温井屋敷からなる広大な平場があり、中央西端には西の丸が敷設され、東側側面は三段からなる石垣で加工されています。規模は遊佐屋敷屋敷が東西40m×南北20m、桜の馬場が東西40m×南北80m、温井屋敷が東西20m×南北40mほど、桜の馬場の東側下には調度丸・寺屋敷が段々に敷設されています。調度丸はその名の通り、兵糧庫・武器蔵が置かれた郭と推測され、また北側に設けられた虎口は大手導線に繋がる重要な虎口で、石積の「折れ虎口」で厳重に守備されています。二の郭・三の郭は南北に細長い稜線上構築された平場で、規模は二の郭が東西25m×南北60m、三の郭が東西25−30m×南北100mほど、両郭は幅10−15m・深さ10mの巨大堀で断ち切られ架橋で繋がっていたと推測されます。なお二の郭・三の郭の東側下には大手導線が通っており、基本的には大手筋を
クリックるると拡大します
現地パンフレットの所収図
クリックすると拡大します
現地の推定復元図
監視・守備する前衛陣地的な性格があったと思われます。七尾城の縄張りは自然地形に即した形態で普請されたシンプルなものですが、比高差の大きい高所に築かれ、また急峻な断崖を最大の防御ラインとした天然の要害です。また周辺の支尾根にも数多くの砦が築かれた大要塞です。郭も規模の大きな平場が多く、相当数の人の収容が可能になっていて、恒常的な居館スペースをともなった館城として築き、その後 有事の際の避難所・要害に改修されたものと推測されます。特筆すべきは長屋敷・温井屋敷・遊佐屋敷といった家臣の役宅が主郭に隣接して配置されいることで、他の中世城郭では めったに見られないレアな形態になっています。なお北麓には濠で区画された日常居館(「根小屋」)や城下町が営まれていました。

 七尾城は正長年間(1428−29年)頃、能登国守護職 畠山満慶によって築かれたと伝えられます。畠山氏は坂東八平氏 秩父氏を出自とし、鎌倉期には一時的に衰退するものの足利氏と婚姻関係を結んで足利一門として存続します。南北朝期には足利尊氏に従って室町幕府創立に参画し、能登・越中・河内・紀伊の守護大名となりました。また足利庶流の斯波氏・細川氏とともに「三管領」として幕政に参画できた有力大名でした。応永15(1408)年、管領 畠山満家は弟 満慶に分国の内 能登国守護職を分与し、能登畠山氏が創設されます。応仁元(1467)年に勃発した「応仁の乱」では畠山宗家の家督を巡る畠山義就と畠山政長の対立が乱の一因となり、この内乱で畠山宗家は勢力を衰退させたため、能登畠山氏三代 左衛門佐義統は領国支配体制を盤石なものにするため能登に下向しました。しかし四代 修理大夫義元の頃から家臣団の統率は乱れ、明応9(1500)年には義元と弟 左衛門佐慶致が家督を争い、義元が守護代 遊佐統秀に追放される事件が勃発しています。このクーデターは当時の周辺の政治状況から、永正3(1506)年に和解となります。慶致の子七代 修理大夫義聡の頃(1515−45年)が能登畠山氏の全盛期とされ、七尾城はこの頃から順次 拡張・整備されたものと推測されます。義聡が死去し子の義統が家督を継ぐと、重臣 遊佐続光と温井聡貞の権力争いが顕在化して内乱に発展しましたが、ほどなく和睦が成立すると畠山氏の家政は重臣合議制に移行しました。弘治元(1555)年、義統の跡を継いだ左衛門佐義続は重臣合議制の実権を握る温井聡貞を謀殺して守護権力を取り戻し、さらに専制政治の強化につとめます。しかしこのため家臣団の反発を招き、永禄9(1566)年 義続・修理大夫義綱父子は国外追放になりました。そして同11(1568)年、義綱は越後の上杉輝虎(謙信)・越中国守護代 神保長職の支援を受けて能登に侵攻しましたが失敗に終わっています。天正5(1577)年、上杉謙信は義綱の弟 民部大夫義春をともない、ふたたび能登に侵攻して七尾城を包囲しました。この時の当主 春王丸は幼少のため重臣(「畠山七人衆」)の長対馬守続連・遊佐美作守続光・温井備中守景隆の対立を収束できず、結果的に遊佐続光と温井景隆が上杉方に内応し、徹底抗戦を主張した長氏一族を殺害して七尾城は開城となりました。同9(1581)年、織田勢力が北陸を蹂躙して能登を制圧すると、能登一国は信長の家臣 前田利家に与えられ、利家は入封当初 七尾城を拠点としました。しかし利家は翌年、七尾湊に近い小丘陵に小丸山城を築城して拠点を移し七尾城はこの際、廃城になったとされます。
歴史・沿革
七尾城訪城も四回目になります。最初の攻城は20数年前の大学生の時で、この時は七尾城資料館から1時間弱かけて、ヘロヘロになりながら登ったのを覚えています。また帰りは見事、バス時間に遅れ、七尾駅までひたすら歩いたことも覚えています。でっ七尾城ですが、能登守護職畠山氏の居城としても有名ですが、さらに七尾城を有名にしたのは、天正5(1577)年に七尾城を包囲し開城させた時に上杉謙信が詠んだとされる『九月十三夜陣中作』「霜は軍営に満ちて秋気清し、数行の過雁月三更、越山併せ得たり能州の景、遮莫あれば家郷遠征を憶う」)でしょう。ということで上杉謙信による「七尾城の戦」を時系列で整理したいと思います。天正元(1573)年に越前朝倉氏・北近江浅井氏を滅ぼした織田信長は北国方面の指揮官に柴田勝家を命じ、同3(1575)年八月に勝家は越前の一向一揆勢力を平定し、加賀侵攻を図るようになります。この軍事行動に危機感を持った上杉謙信は織田氏との同盟を破棄し、同4(1576)年に石山本願寺と同盟を結び織田軍と対峙するようになります。同年9月謙信は越中に侵攻し制圧すると、能登侵攻の構えをみせます。謙信の大義名分は、当時家臣団の抗争で内紛状態になっていた能登畠山氏に介入し、九代当主義綱の弟義則を畠山家当主に据え能登の治安を回復することでした。これに対し畠山氏側は重臣長続連のもとで上杉軍への徹底抗戦が決定し、続連・温井景隆・遊佐続光が各虎口を守備しました。また続連は謙信の背後を脅かすため、領民に対して一揆を起こすように扇動しましたが、これは事前に謙信の情報網で看破され失敗に終わり、七尾城は上杉軍に包囲され籠城戦を余儀なくされました。しかし上杉軍は堅城 七尾城を攻めあぐね、謙信は周辺の支城を落城させ七尾城を孤立させる方法をとりました。そして熊木城黒滝城富来城・粟尾城・米山城・穴水城・甲山城を落城させましたが、七尾城はびくともしません。翌5(1577)年3月に小田原城主北条氏政が上野に侵入しようとしたため、謙信は七尾城に包囲軍を残し帰国を余儀なくされました。謙信が越後に帰国すると七尾城の畠山軍は上杉軍に支配された熊木城富来城を急襲して奪還に成功しました。しかし同(1577)年7月、謙信は北条軍に勝利すると、ふたたび能登に侵攻しました。このため畠山軍は奪還に成功した支城群を放棄し、全軍と領民を七尾城に籠もらせ、籠城戦の準備をしました。この時 籠城した人数は1万5千人と伝わります。籠城を強力に推進した長続連は、大多数の兵力を七尾城に集め立て籠もれば謙信を退却させられると考えていたようですが、思わぬところに敵はいました。1万5千人の人数を集めたものの、このため排泄された糞尿の処理に困り 七尾城内はいたるところで排泄物の垂れ流し状態となります。さらに夏の暑さも てつだって七尾城内には疫病が蔓延しました。このため当主 春王丸が死去したほか犠牲者が相次ぎ、城内は厭戦状態になりました。徹底抗戦を推進する続連は、この窮地を打開するため子の続龍を使者として安土城の織田信長へ派遣し、援軍を要請しました。しかし続連の対応を快く思っていなかった遊佐続光は、重臣温井景隆と三宅長盛を誘い上杉氏に内応します。もともと続光は親謙信派で長氏とは対立軸にあったと推測されます。そして9月15日、続光は七尾城内で内乱を引き起こします。そして城門を開いて上杉軍を招きいれ、対立する長氏一族をことごとく殺戮し七尾城は陥落しました。そして謙信はこれで完全に能登を支配下に置くこととなります。一方 七尾城支援のため能登に侵入した織田軍(指揮官柴田勝家)は、9月23日 「手取川の戦」で上杉軍に敗北を喫して七尾城救援に失敗しました。この後、七尾城は上杉勢力が支配しましたが、同6(1578)年3月 謙信が死去し、越後で「御館の乱」が勃発すると七尾城の上杉勢力は衰退し、織田勢力が加賀・能登を支配することとなり、七尾城には能登国主として前田利家が入城しました。七尾城の縄張りに見られる特殊性は主郭に次ぐ二の郭に想定される桜馬場に遊佐屋敷・温井屋敷が置かれ、また主郭の南側には谷を挟んで長屋敷が配置されていることです。このことからも畠山家臣団における三家の力は突出して大きく、また主家畠山氏を凌駕し、このことが畠山家当主の専横を許さず、ひいては畠山氏の勢力を衰退させる要因だったと考えられます。縄張りは尾根を利用した連郭式のシンプルなものですが、比高250mの立地性、支尾根を執拗に削平し遮断線とした防御力は「要害」に相応しいものです。
七尾城 桜の馬場東側の石垣
メモ
能登国守護職 畠山氏の要害
形態
山城
別名
松尾城 
遺構
郭(平場)・櫓台・土塁・虎口・桝形・石垣(積)・水の手・堀
場所
場所はココです
駐車場
専用駐車場あり
訪城日
平成15(2003)年10月16日
平成19(2007)年 6月23日
 
七尾城は七尾市街地を見下ろす通称城山に築かれた山城で、城山から北麓に延びた支尾根に多数の郭群を構築した大要塞です。(写真左上・右上) 城山へは北麓の七尾城資料館付近から登山道がありますが、古屋敷町から長屋敷下の駐車場まで林道が敷設されておりショートカットも可能です。林道沿いには大門道と呼ばれる古い山道も見られ、山麓からの登山道は幾つかあったのでしょう。(写真左) でっ、駐車場は長屋敷(写真左下)の北側下に設けられています。(写真右下) 駐車場には七尾城の復元図が設置されており、これを頭に入れて散策するとよいです。
主郭・長屋敷間の堀切は幅15−20m・深さ20m以上。自然地形を利用したとはいえ深く切り込んだ堀切で、堀底は北方向に延びて沢に繋がる巨大な竪堀となります。(写真左上・右上)
調度丸(写真右)
七尾城中枢の桜の馬場東側下に位置し、武器庫・米蔵等があったと想定されます。三の郭・二の郭の東側側面を通る大手城道はこの郭を経て、桜馬場・主郭に繋がっています。中央には郭を南北に区画した仕切土塀の石積基壇が残存し(写真左下)、北側の虎口部分は石積で補強しスロープ状の通路をクランクさせて虎口に繋げています。(写真右下)
(写真左上)寺屋敷。調度丸の東側下に位置する広大な平場。藪化が酷く内部には入りませんでしたが、墓地を管理する僧の屋敷があったと伝えられます。   (写真右上)樋ノ水。城内の水の手のひとつで、湧水地です。
北麓から続く大手道は城中枢に近ずくと土塁で区画され、導線を監視するように平場が設けられています。(写真左) でっ、しばらく進むと尾根の側面に切り込んで構築された虎口が現れます。(写真左下) 虎口の両面には袴腰(写真右下)と沓掛場が設けられ、導線に対してから横矢が掛かる構造になっています。ま〜〜、袴腰と沓掛場には番所が置かれていたのでしょう。
 
安寧寺祉(写真左上)
規模は東西20−25m×南北50mほど、現在は「七尾城の戦」での戦死者の慰霊碑や畠山氏の墓碑が弔なわれています。
三の郭(写真右上)
規模は東西25−30m×南北100mほど、中央には郭を南北に区画した仕切塀の基壇・石塁列(写真右下)が見られます。(写真右下)
二の郭・三の郭を断った堀切は幅10−15m・深さ10mほど(写真左下)、自然地形を利用したと思われますが巨大です。堀底には大きめの石塁がゴロゴロしていますが、側面を補強した石塁にしては量が少ないし、また投石用にしては大きすぎるし・・・・・・・・・。(写真右下)
二の郭(写真左上)
規模は東西25m×南北60mほど、東側下を通る大手筋を上から監視する郭と推測されます。北東隅には櫓台状の土壇が築かれ(写真右上)、南側は石積で処理された腰郭が2段構築されています。(写真左)
温井屋敷(写真左下)
畠山氏の重臣温井氏の屋敷地で、規模は東西20m×南北40mほど。東側縁部には高さ1.5mの土塁が確認できます。南西端には九尺石と呼ばれる石積がありますが、これは西側の郭群に繋がる虎口のようです。(写真右下) 南条範夫の『七尾城の桜の馬場』では、ここで畠山義綱が温井景長を処刑した様子が描かれていました。
桜の馬場(写真左上)
規模は東西40m×南北80mほど。七尾城に限らず全国の中世山城には、本当にここまで馬が登ったのと思われる馬場がいくつかあり、基本的には広い平場といった意味なのでしょう。桜の馬場の東側側面には七尾城最大のシャッターポイントになっている3段の石垣が構築されています。後世に改修整備されているとはいえ、これだけ良好に残存している中世の石垣は全国的に類例がありません。(写真右上・右)
遊佐屋敷(写真左下)
桜の馬場南端の郭で主郭に隣接しています。規模は東西40m×南北20mほど、北側には高さ1mの石積土塁が築かれています。(写真右下)
現在、主郭へは遊佐屋敷から城山神社の参道を通り繋がっていますが、本来の大手導線は遊佐屋敷の土塁列を西方向に進み(写真左上)、主郭から北西側に延びた小丘陵を登って(写真右上)、主郭の虎口郭に繋がっています。
 
虎口郭(写真左)
主郭の虎口を防御する外枡形(馬出?)で、規模は15−20m四方ほど。北・西・南側には石塁列で補強された高さ1mの土塁が構築され(写真左下)、東側で主郭に繋がっています。(写真右下)
主郭の虎口は主郭の西側に構築された高さ3mの大土塁(写真右上)を切って敷設されています。(写真左上) でっ、土塁の外側には相当古いと思われる野面積の石積が見られ(写真右)、また虎口部分にも石積らしき痕跡が確認できます 桜の馬場や主郭東側に見られる石積とは相当乖離しており、本来はこうゆう感じだったのでしょう。
主郭(写真左上)
規模は東西50m×南北50mほど、西側縁部には高さ3mの土塁が築かれ、北・東側側面は石垣で補強されています。(写真左下) 南西隅には櫓台と想定される高さ3−4mの土壇が築かれ、現在は城山神社が祀られています。(写真右上) 主郭からは七尾市街地・能登島方向を一望にできます。城山の北麓には「惣構え」で囲郭された畠山氏の根小屋・城下町が整備されていました。(写真右下) なお南側の長屋敷とは橋で繋がっていたとされますが・・・・・・・・、どんなもんでしょうね。