平家の古柵
秋田県大仙市(旧南外村)南外赤平後野
立地・構造
 平家古柵は仙北平野の中央西部、楢岡川右岸の北西方向に張り出した舌状台地先端(比高10m前後)に築かれた平山城で、段丘崖で区画された単郭の城館と推測されます。規模は東西150m×南北220mほど、丘陵基部は幅20mの堀で分断され、現在 内部は耕作地になっています。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。菅江真澄の『月の出羽路』には「平家の落人なンどのがれ住たりけむ」と記され、また『高橋社家文書』には「ここに普代一家の侍八嶋采女尉平氏也」と平家の落武者八嶋氏が居住したと記されています。
平家の古柵  近景
メモ
・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成16(2004)年11月13日
平成19(2007)年4月18日
平家古柵は赤平後野地区の低丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー北側からの近景 写真右上ー西側からの近景 比高は10m前後しかなく厳密には平山城ではないのでしょうが・・・・・・・・・) 丘陵は出羽丘陵の末端に位置し、東・西側には幅広の沢が入り込んで自然の濠となっています。(写真左ー東側の沢) でっ、丘陵基部を断ち切った堀は幅20m・深さ5−6mほど、なにげなく覗いたら貯水池になっていました。(写真写真左下・右下) 往時は水濠ではなかったと思われます。
内部はほぼ100%水田になっています。規模は東西150m×南北220mほど、巨大です。写真左側の小丘(高さ2m)には稲荷社が祀られています。