薬師堂館
秋田県大仙市(旧南外村)南外薬師堂
立地・構造

薬師堂館概念図
 薬師堂館は楢岡川中流域の右岸、北西方向に張り出した丘陵突端(比高60m)に築かれた平山城です。城の規模は東西280m×南北200mほど、城縄張りは東端のピークに構築された主郭を中心に北西・南西側に延びた馬蹄状の稜線に郭が展開されています。主郭の規模は東西50m×南北70mほど、西側には2m切り落して犬走り状の帯郭が巡らされ、東側縁部には高さ2mの土塁が築かれ、外側(東側)は4−5m切り落した幅10mの堀切で処理されています。また西側中央には掘り込み式の枡形虎口?が設けられています。大手筋は北西麓から稜線をたどるルートと想定され、途中の中腹には前衛陣地と思われる平場が、また導線は主郭の北西端に構えられた木戸を経て、主郭西側の犬走りを通り枡形虎口?に繋がっていたと思われます。主郭の南西側稜線には副郭に想定される西郭が設けられています。規模は東西70m×南北30mほど、東・西縁部には土塁が築かれ主郭とは幅3m・深さ1mの堀で分断されています。また西郭から西側稜線は4−5段の段郭群に加工されています。城館自体は自然地形に作用され、切岸を主体とした単調な構造になっていますが、虎口と導線構造には一見の価値あり。同地は由利郡から仙北に繋がる街道を見下ろす高所に位置しており、基本的には「境目の物見砦」として取り立てられたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。伝承によると石田三成の家臣島左近がこの地に落ちのびて築いたとも、また佐渡守某が拠したとも伝えられます。同地は由利から仙北に繋がる街道上に位置しており、楢岡城主楢岡氏(小笠原氏)の「境目の城」と推測されます。
薬師堂館  主郭背後の堀切
メモ
戸沢氏の「境目の城」
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車(薬師神社近くに
駐車可能の路側帯あり)
訪城日
平成19(2007)年4月18日
薬師堂館は楢岡川の中流域、金屋地区南方の小高い丘に築かれた平山城です。(写真左上ー北側からの遠景) でっ、丘陵の西麓に薬師神社が祀られていて(写真右上)、神社の北側に標柱が建てられ、ここから山頂(主郭)まで山道が設けられています。(写真左) 薬師堂館は西側に開いた馬蹄状の稜線を利用した城館で、麓に近い谷戸部分には削平地が見られ(写真左下)、山道はここから北西側稜線に沿って敷設されています。(写真右下) たぶんこのルートが往時の大手筋だったのでしょう。
でっ、稜線を辿った中腹部分には平場が見られます。(写真左上) ま〜〜〜、大手筋を扼した前衛陣地でしょう。その後、緩斜面を登りきると(写真右上)、土塁で固められた木戸口にたどり着きます。(写真右・左下) 木戸口は主郭の北西端に設けられ、主郭とは堀で区画されています。その後、導線は主郭の西側側面を通って(写真右下)、中央西側に設けられた掘り込み虎口(枡形?)に繋がっています。
(写真左上) 主郭の西虎口(枡形か?)
 
主郭(写真右上)
規模は東西50m×南北70mほど、ケッコウ広い平場になっていて、西側には2m切り落して犬走り状の帯郭が巡らされています。(写真左) でっ、東側縁部には高さ2mの土塁が築かれ(写真左下)、外側(東側)は4−5m切り落して堀切で処理されています。(写真右下) 堀切は稜線の狭まった箇所を加工したもので幅10mほど。
主郭・西郭間を分断した堀は幅3m・深さ1mほど(写真左上)、南縁に設けられた土橋で導線が確保されています。(写真右上)
西郭(写真右)
規模は東西70m×南北30mほど、東・西側縁部には土塁が築かれ、東土塁が主郭に繋がる虎口になっています。(写真左下ー東土塁 写真右下ー西土塁) 内部は藪・雑木が繁殖し、歩くのも困難・・・・・・・・・・・・。なお北側には2m切り落して犬走りが敷設され、西側に延びた稜線は東西に細長い段郭群に加工されています。
(写真左) 西側の段郭群