尿 前 の 関
宮城県大崎市(旧鳴子町)鳴子温泉字尿前
 尿前の関は陸羽街道中山越の陸奥側の狭隘地に設けられた関所で、大崎平野の谷口に位置し、この地は古来から出羽・陸奥の境目の軍事的要衝でした。創建時期は不明ですが、「元慶の乱」(878年)後 尿前の関の前身である岩手の関が設けたのが初源とされ、戦国期には遊佐氏・湯山氏が関守をつとめたとされます。大崎領が伊達政宗に宛がわれ仙台伊達藩が成立すると尿前の関は尿前境目と呼ばれ、寛文10(1670)年には尿前番所が構えられ、岩出山伊達家から関守が派遣されました。藩政期の記録によると番所敷地の間口は四十間(72m)、奥行四十四間(80m)、敷地面積1760坪の中に番所御役屋・役宅・土蔵・馬屋など十棟の建物があったとされます。元禄2(1689)年、この地を訪れた松尾芭蕉は「南部道遥かにみやりて、岩手の里に泊まる。小黒崎、みづの小島を過て、なるごの湯より尿前の関にかかりて、出羽の国に越んとす。此路旅人稀なる所なれば、関守にあやしめられて、漸として関を越す。大山をのぼって日既暮ければ、封人の家を見かけて宿を求む。三日風雨あれて、よしなき山中に逗留す。蚤虱 馬の尿する 枕もと」と『おくの細道』に記しています。   (場所はココです)
 模擬冠木門
 番所建物祉か?
 中山越へ