平沢館
秋田県にかほ市(旧仁賀保町)平沢
立地・構造
 平沢館は日本海に面した平沢地区に築かれた平城ですが、明治以降の開発等により遺構ほぼ消滅し、規模・構造等は不明。
歴史・沿革
 鎌倉期、由利郡を支配した由利将監維義とその一族が居城したと伝わります。平沢館周辺には応仁元(1467)年に仁賀保氏が勧請した八幡神社があり、また安楽寺は真言宗の古刹で延文年間(1356−61年)の開基と伝えられます。
八幡神社から仁賀保神社(陣屋)を望む
メモ
・・・・・・・・・
形態
・・・・・・・・・
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
八幡神社周辺らしい
駐車場
周辺に駐車スペースはありません(管理人は平沢漁港駐車場を借用)
訪城日
平成18(2006)年11月6日
平成25(2013)年4月29日
八幡神社(写真左上・右上)
平沢地区西側の小丘陵上にあり、応仁元(1467)年 仁賀保氏初代友挙が勧進したと伝えられます。
 
建武碑(写真左)
建武重二暦丁丑(1338年)の年号が刻まれた板碑です。右側には正中元(1324)年、鳥海弥三郎に滅ぼされた由利政春の嫡子丁刃丸の供養塔が祀られています。
ー 仁 賀 保 陣 屋 ー
 平沢地区の中央、現在の仁賀保神社の祀られる小丘陵と周囲の平場が近世仁賀保陣屋祉で、現在は仁賀保公園となっています。規模は推定東西180m×南北150mほど、往時 陣屋は北・西側を濠で画して、西側中央に大手門が構えられていました。内部には御役屋・米蔵・牢屋等の施設が置かれていました。寛永3(1626)年、仁賀保蔵人良俊が仁賀保家の家督を継ぐと、良俊は次弟内膳誠政に2000石、三弟内記誠次に1000石を分知し、このため誠政・誠次は知行地の平沢に共同で陣屋を構えて江戸に在府しました。
(写真左上) 陣屋の北側。濠は消滅していますが、かすかな段差が確認できます。
(写真右上) 北西側に残る濠祉。幅5−6mほど、陣屋側は石積になっていますが、後世のものなのでしょう。
(写真左) 陣屋の西側中央には大手門が設けられていましたが、たぶん現在の仁賀保神社鳥居の位置だったのでしょう。
(写真左下・右下) 陣屋内部は2段構造になっていて、小丘陵(上段)の北・西・南側を巻くように下段平場が敷設されています。内部には御役屋・米蔵・牢屋等の施設が設けられていたようです。
丘陵上の上段には仁賀保神社が祀られています。(写真左上・右上) 規模は東西100m×南北60mほど、内部はケッコウ改変されています。