山根館
秋田県にかほ市(旧仁賀保町)院内
立地・構造
 山根館は由利丘陵の中央西縁、寒沢川左岸の東から西側に張り出した丘陵突端(標高203m 比高170m)に築かれた山城で、東側の丘陵続きを堀切で遮断して城域を独立させています。城の規模は東西550m×南北250mほど、城縄張りは東端のピークに構築された主郭を中心に北・西側斜面を段郭群に加工した比較的単調な構造になっています。主郭の規模は東西100m×南北50mほど、内部からは発掘調査で建物礎石が200個以上確認され、主殿を含む建物が4棟あったとされます。東側縁部には高さ2−3mの土塁が築かれ、北東端はL字状の低土塁で区画された一
山根館 現地説明板の図(下が北方向)
郭が設けられています。大手筋は西麓からのルートが想定され、なだらかな緩斜面を通る導線は削平地の側面を通るように設定され、また中腹部には堀切が敷設され、主郭に近ずくと導線の側面には横堀が隣接され、導線を遮る構造になっています。『院内山根館絵図』によると表御門前には赤石殿・黒川殿と記された屋敷地があることから、基本的には城主居館を含む古いタイプの館城だったと推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主仁賀保氏は信濃源氏小笠原氏の流れを汲む大井氏の裔とされます。建暦3(1213)年の「和田の乱」後、源頼朝の側室大弐局は由利郡を所領として宛がわれ、その後 由利郡は大弐局の甥(兄の子)大井朝光に相続され、庶流(一族)が由利郡の地頭代として入部し支配したとされます。当初、大井氏は由利氏を称して津雲出郷と呼ばれた矢島周辺に入部しましたが、その後 仁賀保郷周辺に進出したとされます。正中元(1324)年、由利政春は鳥海弥三郎宗盛に攻められ滅亡し、鳥海氏もまた家臣の叛乱により滅亡しました。その後、由利郡の歴史は室町末期まで不明瞭になります。仁賀保氏の祖大井友挙は応仁元(1467)年、鎌倉府から任命され仁賀保郷に入部したとされます。友挙は関東管領上杉氏に近い大井氏の庶流で、当時 治安が乱れていたとされる(?)由利郡に入部したとされます。当初、友挙は待居館に居住しましたが、翌2(1468)年 由利氏の居城山根館を改修して居住したとされます。この頃、由利郡に居住した在地領主は「由利十二頭」と呼ばれ、近隣の大勢力の動向によって、分裂と闘争を繰り返しました。仁賀保氏は庄内尾浦城主武藤(大宝寺)氏の影響を受けることが多く、また矢島根城館主大井氏は横手城主小野寺氏との関係が強く、次第に仁賀保氏は大井氏と対立するようになります。永禄3(1560)年、矢島大井氏と滝沢氏の領地争いが起こると、仁賀保挙久は滝沢氏方に加担して出陣しています。天正2(1574)年、ふたたび矢島大井氏と滝沢氏の抗争が勃発すると挙久は滝沢氏に加担し、同4(1576)年 矢島領に侵攻しましたが撃退され討死しました。同5(1577)年、挙久の子挙長は再度 矢島領に侵攻します。しかし挙長は討死し、矢島大井氏に惨敗を喫して仁賀保氏の嫡流は途絶えました。挙長の跡は従兄弟の重挙が継ぎましたが、矢島大井氏は仁賀保氏家臣を調略して天正11(1583)年、重挙を謀殺しました。この間周囲の情勢も大いに変化し、天正10(1582)年には庄内尾浦城主武藤義氏が由利郡に侵攻して武藤氏に従属しない荒沢館主小助川氏を攻撃しています。また同年、横手城主小野寺義道と由利十二頭連合軍が「大沢山の戦」を引き起こしています。(管理人は「大沢山の戦」はフィクションだと思っていますが・・・・・・・・・) 同14(1586)年、子吉氏から仁賀保氏に入婿した仁賀保挙晴は矢島領に攻め込みましたが矢島大井勢に撃退され討死し、仁賀保氏の家督は小助川氏から入嗣した挙誠(きよしげ)が継ぎました。天正18(1590)年、仁賀保挙誠は豊臣秀吉の「小田原の役」に参陣し、「奥州仕置」で所領を安堵され、以後は豊臣政権下の大名として「九戸の乱」「文禄の役」などの軍役・賦役を担いました。天正19(1592)年、矢島大井満安が最上義光に山形城に招かれた隙に矢島大井氏家臣が叛乱を起こすクーデターが勃発します。満安はすぐに矢島に戻りクーデターを鎮圧しましたが、挙誠は由利十二頭連合軍とともに矢島領に侵攻し、満安を西馬音内城に追い落とし、後に自害に追い込みました。(管理人は大井満安が死去したのは天正18年以前と推測していますが・・・・・・・・) これにより仁賀保氏と矢島大井氏の長年にわたる抗争は仁賀保氏の勝利で終結し、仁賀保氏は根井氏・潟保氏・打越氏を支配下に置き、「由利十二頭」は「由利五人衆」に再編されました。慶長5(1600)年、「関が原の戦」で挙誠は最上氏に加担して庄内で上杉勢と対峙し、戦後 常陸国武田5千石に移封されました。しかし元和9(1623)年、「最上騒動」により最上氏が改易になると、挙誠はふたたび仁賀保に所領を宛がわれ旧領を回復しました。挙誠の跡を継いだ良俊は7千石を知行し、弟誠政に2千石、誠次に千石を分知し、良俊が嗣子のないまま死去したため仁賀保氏嫡流は断絶しましたが、分知された弟ふたりの家系は徳川旗本として存続し明治維新まで続きました。山根館は慶長7(1602)年、挙誠が常陸転封した頃に廃城になったと推測されます。
歴史・沿革
山根館 主郭
メモ
由利十二頭 仁賀保氏の館城
形態
山城
別名
・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・建物礎石・庭園祉・堀・石積
場所
場所はココです
駐車場
主郭東側に専用駐車場あり
院内地区から登る場合ー院内地区の七高神社の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年11月6日
平成20(2008)年5月12日
山根館は日本海を望む由利丘陵の中央西端、院内地区背後の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー西側からの遠景) でっ、山根館へは北西側から「塩の道」が主郭まで通っているほか、林道を車で登ることもできますが、今回は大手とされる西麓からの道を登りました。登り口は陽山寺(写真右上)を南方向に進み案内図のある二股で林道へ進みます。(写真左) しばらく進むと、山根館への案内杭があり(写真左下)、車は近くに駐車可能な迂回所があります。登り口からしばらく遺構は確認できませんが、中復部から城道は削平地(郭 写真右下)の中や側面を通るように設定され、大規模な堀切も確認できます。
(写真左上) 大手導線沿いの堀切
(写真右上) 大手導線沿いに見られる横堀
 
でっ、辿り着くのが主郭の北西側下で、前面には主郭北側の腰郭が広がります。(写真右) 主郭と腰郭の高低差は6−7mほど、主郭へは北西側下から主郭西側の腰郭を経て、導線が設けられています。(写真左下ー北西側からの導線 写真右下ー西側の腰郭・内部は仕切り土塁で南北の2郭に分割されています)
主郭(写真左上ー東から 写真右上ー西から)
規模は東西100m×南北50mほど、内部からは建物礎石が200個以上確認され、主殿を含む建物が四棟あったとされます。(写真左ー主郭の模式図 写真右下ー主郭建物の推定復元図) 東側縁部には高さ2−3mの土塁が築かれ、北東端には土塁石塁列でL字状に区画された一郭が見られます。
(写真左上・右上) 東側の土塁、下幅5−6m・高さ2−3m
(写真右) 北東隅のL字状の低土塁で区画された一郭
(写真左下) 城址碑
 
主郭背後(東側)は巨大な堀切で分断され、山根館を独立させています。(写真右下) 規模は幅10−15m・深さ7−8mほど、堀底は主郭北側下を巡り西側斜面に延びています。
主郭からの眺望は素晴らしく、日本海側の仁賀保平野が一望にできます。(写真左上)
主郭はかなり整備されているのですが、それ以外の場所はほぼ100%無整備・藪茫々になっています。がっ、一歩内部に入ると横堀や削平地、石積が良好な状態で確認できます。(写真右上ー主郭北側下の横堀・主郭側を5−6m切り落とした幅7−8mの堀 写真左ー主郭北側下の削平地写真左下ー削平地縁部の石積 写真右下ー主郭西側下の削平地) 『院内山根館絵図』によると表御門前には赤石殿・黒川殿と記された屋敷地があることから、主郭周囲には家臣団の役宅が設けられていたのでしょう。
十王堂長命の泉(写真左上)
西暦1200年頃、喜蔵家の祖佐藤丹後守が掘ったとされる仁賀保氏の愛飲の名泉と伝えられます。(現地説明板から) 山根館へは大手道の他に院内地区東端から山根館廃城後に敷設された「塩の道」で登ることもできます。(写真右上) 登り口には馬頭観音にあります。(写真右)
禅林寺(写真左下)
応徳2(1085)年、由利維安が創建した由利氏の菩提寺ですが、仁賀保氏が山根館に入城以降、仁賀保氏の菩提寺となりました。境内には明治期、仁賀保氏家臣により整理された仁賀保氏の墓所があります。(写真右下)