禅林寺
秋田県にかほ市(旧仁賀保町)院内
歴史・沿革
 賀祥山禅林寺は旧仁賀保町院内にある古刹で、禅林寺の前身「迦葉庵」は応徳2(1085)年以降、由利維安により開山されたと伝えられます。(この頃、維安は山根館を拠点にしたと伝えられます) その後、戦国初期 由利郡南部に入部した大井(仁賀保)氏の菩提寺となりました。境内には仁賀保氏の祖大井友挙と戦国末期の当主仁賀保挙誠(きよしげ)の墓碑が建てられています。   (場所はココです)
山門(写真左上)
 
本堂(写真右上)
 
仁賀保家の墓所(写真左)