御座石神社
秋田県仙北市(旧西木村)西木町檜木内字相内潟
歴史・沿革
 御座石神社は田沢湖の北岸に鎮座する社寺。慶長3(1598)年、熊野修験僧が創建した庵が初源と伝えられ、「御座石神社」の社名は慶安3(1650)年、この地を訪れた久保田藩主佐竹義隆が腰をかけて休んだ巨岩に由来します。祭神は龍湖姫神(たつこひめのかみ)。周辺には「七色木(なないろぎ)」やたつこ姫が飲んで龍になったと伝えられる「潟頭の霊泉」、たつこ姫が姿を映した「鏡石」があります。   (場所はココです)
(写真左上) 田沢湖に面した鳥居
鳥居は御座石と呼ばれる一枚岩の上に建てられています。古くは御座石自体が信仰の対象だったようです。
 
(写真右上) 天然記念物 御座の石の杉
 
(写真左・左下・右下) 御座石神社社殿