戸 沢 城
秋田県仙北市(旧西木村)西木町上檜木内字西下戸沢
立地・構造
 戸沢城は檜木内川の上流部、右岸に張り出した丘陵突端(比高40m)に築かれた丘城です。規模は東西80m×南北120mほど、南東側の丘陵続きを防塁で仕切って城域を区画し、内部は南北の複郭構造になっています。規模は主郭に想定される北側の郭が東西25m×南北30m、南郭が東西10m×南北20mほど、どちらの郭も虎口受けと思われる小郭を経て各郭に繋がっています。東側に構築された東防塁は天幅3−4m、最大高6−7m、全長70mにわたって稜線を断ち切っています。戸沢城は全体的に規模は小さく、恒常的な居住空間にはなっていませんが、同地は檜木内川の上流部に位置し、阿仁から仙北に繋がる大覚野街道を扼する要衝に立地しており、「境目の城」として機能していたと思われます。
戸沢城概念図

 築城時期・築城主体・城主ともに不明。伝承によると鎌倉初期、戸沢氏の祖兼盛が拠した居館とも。戸沢氏は桓武平氏貞盛流とされ、もともと兼盛の父飛騨守衝盛の代に雫石荘戸沢の所領を安堵された土着(開発)領主でしたが、兼盛の代に奥羽山脈を越えて鳳仙台に拠を移し、さらに檜木内川上流部の戸沢に進出したとされます。その後、兼盛は檜木内川を南下して建保6(1218)年 鳥谷崎城へ移り、承久2(1220)年 門屋へ進出して小館に拠し、さらに安貞2(1228)年 門屋城を築いたとされます。南北朝・室町期以降、戸沢城は戸沢領北端の「境目の城」として大覚野街道の監視機能、戸沢氏の経済基盤であった鉱山(杉の沢鉱山・戸沢鉱山)経営の重要拠点として機能したと推測されています。
歴史・沿革
戸沢城 主郭東側の堀
メモ
戸沢氏の「境目の城」
形態
丘城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・虎口・土塁・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
(入口の近くに空地あり)
訪城日
平成19(2007)年4月12日
平成28(2016)年5月3日
戸沢城は檜木内川の上流域、戸沢地区東側の丘陵突端に築かれた丘城です。(写真左上ー北東側からの遠景) でっ、城へは国道105号から林道へ入り、しばらく進むと説明板が設置されていて、ここからアプローチできます。(写真右上) でっ、しばらく進むと散策路は左折して沢状の堀底道になりますが、たぶん ・・・・・・・・・、このルートが大手の導線と推測され(写真左)、散策路は主郭の東側下を通り、じきに木戸口と思われる切り込みにたどり着きます。(写真左下) 木戸口の内部は東防塁と南郭に挟まれた狭い空間になっていて、ここから主郭・南郭への導線が設けられています。(写真右下ー主郭への導線)
(写真左上) 主郭・南郭間の堀切
 
主郭(写真右上・右)
規模は東西25m×南北30mほど、一応 内部は削平されていて、小屋掛できる空間ではありますが ・・・・・・・・・、恒常的な居住空間ではないような ・・・・・・・・。でっ、虎口は南端に設けられ(写真左下)、北東端には風除け?と思われる高さ4−5mの分厚い土塁(櫓台?)が築かれています。(写真右下) なお主郭からは大覚野街道が よ〜〜〜く 見えます。
(写真左上) 主郭から大覚野街道方向
大覚野街道は阿仁と仙北を結ぶ主要街道で、現在の国道105号は県北と県南を最短距離で結んでいます。
南郭(写真右上ー主郭から南郭方向)
規模は東西10m×南北20mほど、内部は2mの段差で区画された南北の2郭構造になっています。(写真左ー上段 写真左下ー段差)
(写真右下) 南郭東側の堀
北西方向に延びた丘陵を断ち切ったもので、もともと自然地形の沢を利用したものなのでしょう。なお写真の右側が南郭、左側が東防塁になります。
東防塁(写真左上ー防塁上)
城域を区画したもので天幅3−4m、最大高6−7m、長さ70mにわたって構築され、南端は若干 高く設定されていて櫓台だったのかも。(写真右上) なお東側の丘陵続きには堀は見られませんが、部分的に堀状に深くなっている箇所が見られます。(写真右) ま〜〜〜、鎌倉期の城というのはこんな感じだったのでしょうか。
 
動画 戸沢城を歩く