豊後館
秋田県由利本荘市(旧西目町)西目町西目字豊後沢
立地・構造
 豊後館は西目平野の南東部、北面に沖積平野を望む微高地(丘陵の先端 比高5m弱)に築かれた丘城(平城?)です。規模は東西50m×南北50mほど、内部は1mの段差で区画された南北の2郭構造になっています。このうち南上段が東西30m×南北15−20m、北下段が東西20m×南北10mほど。虎口は北西端に設けられていたと思われます。基本的には村地頭クラスの日常居館と思われます。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。潟保館の支城と推測され、潟保氏の一族または被官が拠していたと思われます。
歴史・沿革
豊後館 北側からの近景
メモ
潟保館の支城か?
形態
丘城(平城?)
別名
井岡館
遺構
郭(平場)・虎口?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成28(2016)年5月29日
豊後館は西目平野の南東部、井岡地区東方の丘陵先端に築かれた丘城です。(写真左上ー北西側からの近景 写真右上ー北東側からの近景 写真左ー北側からの近景) でっ、館祉へは北西側から入ることができます。(写真左下) 内部は1mの段差で区画された南北の2段構造。(写真右下) 規模は北下段が東西20m×南北10m、南上段が東西30m×南北15−20mほど。背後に堀は設けられていなかったようです。現在、内部は開墾地ではないようで、きれいに下草が刈り込まれています。
(写真左上) 北下段
(写真右上) 南上段
客殿森(写真右)
豊後館から北西600mに位置する南北に細長い丘。伝承によると天正14(1586)年、仁賀保氏と矢島大井氏の仲介を潟保氏が執り行い、ここで両者の和議が成立したようです。でもどうなんですかね〜〜〜。潟保氏は由利十二頭とはいえ、この頃は仁賀保氏の与力だったようだし。また仁賀保氏と矢島大井氏の抗争は矢島大井氏の優勢で進んでいたようなのだが・・・・・・・・・。ちなみに内部は東西10−15m×南北80mほど(写真左下)、北端に正一位稲荷が祀られています。(写真右下)