高城
秋田県大仙市(旧西仙北町)西仙北町高城
立地・構造
 高城は仙北平野の北西部、雄物川左岸の河岸段丘先端(比高20m)に築かれた平山城です。城は北東方向に張り出した小丘陵に築かれ、北から東側は段丘崖で、南側は北東方向から切り込んだ沢で仕切られ、東側は堀で丘陵部と遮断して城域を区画した単郭の城館と推測されます。規模・構造等は不明、館からは北側に雄物川の沖積平野が眺望できます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。菅江真澄の『月の出羽路』には「古城の跡あり。木々年ふり茂りたり、此処に伝ふ、いにしへ平親王将門の新戚此郷に落ちのびかくろい、世に潜みて居りともいふ、相馬家のよしみある信田帯刀にや・・・・・・・・・」と記され、館主は相馬氏を祖とする信田氏と伝えています。信田氏の詳細な事績は不明、中世には戸沢氏配下の一村支配の地侍、江戸期には高城村の肝入を務めたとされます。
高城  北側からの遠景
メモ
在地地侍 信田氏の居館
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年6月13日
高城は雄物川の左岸、高城地区背後の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左) 城へは北東側から沢に沿って山道があり(写真左下)、登ると館神白山姫社が祀られる平場に辿り着きます。(写真右下) たぶん・・・・・・・・・・、この平場が本郭と思われますが、藪化が酷く 規模は不明。丘陵基部には土塁と堀もあるようですが未確認。