秋田の中世を歩く
 国 清 寺 祉
秋田県能代市檜山字蟹沢
 国清寺は能代市檜山地区にあった華厳宗の古刹で、正式名称は日照山国清寺。国清寺は永正年間(1504−20年)、檜山城主安東忠季により創建され、長く檜山安東家の菩提寺でしたが、安東実季の代の慶長7(1602)年 安東氏が常陸国宍戸へ転封され、この際 国清寺は廃されました。なお『秋田盛季宛秋田実季書状』によると三春に建立された秋田山龍隠院は、安東忠季の法名国清寺と忠季の父政季の法名長享寺を合わせて建立されたことが記されています。また現在、檜山城下にある多宝院の本堂には国清寺から移したと伝わる唐様の古扉が残っています。昭和55(1980)年、「檜山安東氏城館跡」の一部として国の史跡に指定。   (場所はココです)