下上野館
秋田県能代市常盤字下上野
立地・構造
 下上野館は米代川の下流域、右岸の河岸段丘上(比高15−20m)に築かれた平山城で、米代川の支流常盤川と沢に挟まれ南方向に張り出した東西に細長い段丘先端に位置します。城の規模は東西80m×南北180mほど、内部は二重堀で仕切られた南北の2郭からなり、南側の平場が本郭と推測されます。規模は本郭が東西60m×南北100m、北郭が東西40−50m×南北25m、二重堀はそれぞれ幅7−8m・深さ1.5−2mほど、大手筋は南西麓からのルートが想定されます。同地は米代川の沖積平野を眺望できる高所に位置し、築城当初 開発領主の日常居館として築いたものを、後に背後の防御を固めて要害性を高めたものと思われます。現在、本郭には常盤神社が祀られ相当改変されていますが、北側稜線を遮断した二重の二重堀がほぼ完存しています。
下上野館概念図
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。一説には檜山安東氏の支配下にあった村落領主の居館とも。 
下上野館  北郭北側の二重堀(内堀)
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
南麓の鳥居脇に空地あり
訪城日
平成25(2013)年5月9日
下上野館は米代川の北岸、常盤刈橋地区東側の小高い丘に築かれた平山城です。(写真左上ー南側からの遠景) 城のある丘は西側の常盤川と東側の沢に挟まれ(写真右上ー東側の沢)、南方向に張り出した東西に細長い丘陵になっていて、南側突端が城域となっています。でっ、現在 突端部分が常盤神社の境内になっていて、南麓の国道沿いから参道が設けられています。(写真左ー史跡標柱あり) また南西麓からも古い参道?が残っていますが(写真左下)、参道は中腹部分で郭らしき小郭を2度クランクさせる構造になっていて、たぶん・・・・・・・・・ 往時の大手導線を踏襲したものなのでしょう。(写真右下)
本郭(写真左上)
規模は東西60m×南北100mほど、村落領主の居館を構えるに充分のスペースがあります。現在は北端に常盤神社が祀られていて(写真右上)、内部はかなり整備され土塁等の城郭パーツは見られません。
本郭・北郭間は規模の大きい二重堀で分断されています。(写真右ー内堀 写真左下ー中土塁と外堀) 規模はそれぞれ幅7−8m・深さ1.5−2mほど、中土塁は高さ2mほど。
北郭(写真右下)
規模は東西40−50m×南北25mほど、ま〜〜〜 北側の稜線続きに備えた郭なのでしょう。
さらに北郭の北側稜線も本郭・北郭間の二重堀と同様、規模の大きい二重堀で遮断され、下上野館を完結させています。(写真左上ー内堀 写真右上ー中土塁 写真左ー外堀) 規模は内堀・外堀それぞれ幅7−8m・深さ2mほど、中土塁は下幅5−6m・高さ2mほど、内堀は意識的にクランクさせられています。ま〜〜〜、秋田県の城館で二重堀を二重に設けた城館というのは、なかなかお目にかかれるものではなく、レアーな例と言っていいでしょう。