浄 明 寺
秋田県能代市檜山字霧山下
 浄明寺は能代市檜山地区にある真宗大谷派の寺院です。正式名称は善城山浄明寺。創建は永正年間(1504−20年)、檜山安東氏の一族とされる僧西道により開基されたと伝えられます。また四世成就は安東実季の次男と伝えられます。   (場所はココです)
 山門
形式は藥医門、古くから檜山城からの移築と伝えられ、「城下がりの門」と呼ばれてきましたが、平成7(1995)年の改修工事の際 屋根の野棟木と肘木から「檜山浄明寺六代住僧法安代 建立」「寛永十一年三月十七日建立 大工木村大覚」との墨書が発見され、江戸初期の建物と確認されました。
 山門(横から)
 山門(本堂側から)
 本堂
 首塚
寛政11(1799)年、当時の境内庭前から髑髏が出土しましたが、この髑髏の主は天正10(1582)年 安東愛季に檜山城に招かれ、蛎崎(松前)慶広の手によって謀殺された浅利勝頼と推測されています。