赤神神社 五社堂
秋田県男鹿市船川港本山門前
歴史・沿革
 一般的に五社堂と呼ばれる赤神神社は貞観2(860)年、慈覚大師円仁がこの地に来訪した際、赤神山日積寺永禅院として創建しされ赤神明神を祭神としたのが初源とされます。その後、建保4(1216)年 源実朝の請願により別当円転が比叡山の山王七社をこの地に勧進しましたが、二社が廃れ このため五社堂と呼ばれるようになりました。古い棟札によると建武2(1335)年には安倍威季が、応永5(1372)年には安倍高季が堂社の修理を施していることから中世には湊安東氏の庇護下におかれ、また近世には久保田藩主佐竹氏に篤く信仰され、現在の五社堂は宝永7(1710
現地説明板の図
)年 佐竹藩主佐竹義格の命により建立されました。最盛期、広い境内には9ヶ寺48坊があったとされますが、明治の廃仏毀釈により仏教施設は廃れ、現在は五社堂と長楽寺が残るのみ。平成2(1990)年、国の需要文化財に指定。    (場所はココです)
 ーなまはげ伝説ー
 景行10(80)年(景行11 81年とも)、漢の武帝は五匹の鬼(蝙蝠から変化)を従えて天より男鹿に降り立ちました。そして武帝が正月十五日だけ鬼たちに自由を与えて 毎日のように鬼たちを使役したため、鬼たちは正月十五日 里におりて乱暴狼藉を繰り返しました。このため困った村人は鬼たちに「海辺から本山の頂上まで、一晩で しかも一番鶏が鳴く前に千段の石段を築くことが出来たら、娘を毎年 一人ずつ差し出そう。もし出来なければ山に帰ること。」と持ちかけます。提案にのった鬼たちは日暮れを待って石段ずくりに取り掛かると あれよあれよいうまに石段を仕上げたため、慌てた村人が鶏の鳴き真似をしたところ鬼たちは驚き 山へ逃げていきました。この時、鬼が作った石段は999段とされ、漢の武帝は赤神と伝えられます。
赤神神社五社堂は日本海に面した門前地区背後の丘陵上に構築された宗教施設で、往時 長楽寺から五社堂間の比高差80mの斜面に九ヶ寺四十八坊の堂宇伽藍が構えられていたそうです。(写真左上ー南東側からの遠景) でっ、五社堂へはまずは中腹の長楽寺を目指します。門前地区からも参道があるようですが、管理人はショートカットしました。(写真右上ー長楽寺本堂 写真左ー長楽寺仁王門) ちなみに長楽寺仁王門が999段の石段のはじまりになります。でっ、管理人は駐車場から五社堂を目指しましたが、ここには絵図に描かれている池があり、対岸には食堂祉があります。(写真左下ー五社堂の登り口 写真右下ー池)
ちなみに食堂祉に隣接して徐福塚や宝夾印塔があります。(写真左上・右上) 徐福は秦の始皇帝の命を受けて不老不死の仙薬を求めた人物。男鹿のほかにも日本各地に徐福伝説は残っています。でっ、食堂の1段上にあるのが薬師堂祉。(写真右) 当然、遺構はありません。現在は長楽寺の宝物館が建てられています。ここからさらに登ると紫燈堂祉があります。(写真左下)
999段の石段は加工度の低い自然石を利用したもので、下をよ〜〜〜く見て歩かないとつまずくことも。ちなみに管理人は2度 コケました。(写真右下) えっ、999段 あるかって?。自分で数えて!
!!。
でっ、999段の石段を登り詰めると楼門祉に辿り着きます。(写真左上) 楼門の側面には下幅6m・高さ2mの土塁が築かれています。(写真右上) でっ、楼門のある部分が境内の下段にあたり、ここには中島をもつ御手洗の池や姿見の井戸があります。(写真左ー下段内部 写真左下ー御手洗の池 写真右下ー姿見の井戸) ちなみに御手洗の池や姿見の井戸の背後には馬頭観音・熊野宮があるようですが・・・・・・・・・、藪がひどかったため入っていません。姿見の井戸は毎年7月7日、参拝者が一年の吉兆を占った井戸とされ、ハッキリ映ればその年は健康にすごせ、ハッキリしなければ災難や不幸に遭うと伝えられます。
境内上段も南北の2段構造になっていて、上段に五社堂が祀られ、下段には長床がおかれていたようです。(写真左上ー長床祉 写真右上・右・左下ー五社堂) 五社堂は江戸中期に建てられたもので、左から「十禅師堂」「八王子堂」「中堂(赤神堂)」「客人(まろうど)権現堂」「三の宮堂」と呼ばれ、「中堂」には円空作と伝えられる「木造十一面観音菩薩立像」が祀られています。
(写真右下) おまけ ゴジラ岩
船川から門前に向かう道すがらにあります。なぜ ゴジラ岩かって?、見ればわかるっしょ!!!。ゴジラというより爬虫類のような気も・・・・・・・・。