男鹿中町田の観応碑
秋田県男鹿市男鹿中山町字家ノ下
 板碑は男鹿市男鹿中町田地区の稲荷神社境内に安置されています。板碑は輝石安山岩の自然石で高さ1.8m、幅74cm、厚さ30cm。上部にキリーク(阿弥陀菩薩 OR 千手観世音菩薩)が刻まれ、その下に「観応二年七月十一日 敬白 南無阿弥陀佛」「奉造立 願以此功徳 普及於一切 石塔婆一本 大日如来 志者円阿佛妙ー 我等与衆生 皆共成仏道 ------- 」と刻まれています。観応年間(1350-52年)は南北朝期、北朝方が使用した年号。「南無阿弥陀仏」を刻んでいることから浄土宗系に関連した板碑と推測されています。平成10(1998)年、男鹿市の有形文化財に指定。   (場所はココです)
観応碑 
上部のキリーク 
稲荷神社