百川館
秋田県男鹿市脇本百川
立地・構造
 百川館は八郎潟の西岸、西から東方向に張り出した湖岸段丘突端(比高30m)に築かれた単郭の平山城で、西側の丘陵続きを1条の堀切で断ち切って館を独立させています。館の規模は100m四方ほど。本郭は東西60m×南北70mほど、西側縁部には堀切に沿って高さ2mの土塁が15m築かれていて、いたって単調な構造になっています。基本的には開発領主の日常居館として築かれたと思われますが、東麓には潟西街道が通っており、街道を扼する機能も想定されます。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。基本的には開発領主の日常居館と思われます。また寛喜3(1231)年、橘公業の子乙
王丸宛ての『将軍家政所下条案』(「肥前小鹿島文書」)には「出羽国秋田郡小鹿島内桃河、吉田」と記されていて、橘氏の所領「桃河」には橘氏から派遣された代官が居住していたとも推測されます。
歴史・沿革
百川館  西側の堀切
メモ
・・・・・・・・
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・堀・水の手
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年9月14日
百川館は八郎潟の西岸、百川地区背後の小高い丘に築かれた平山城で、南東麓に宝光寺がありこれを目印にするとわかり易いです。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、館へは丘陵の北側に廻り込んだ車道を進むとアプローチしやすく、じきに進行方向左側に丘陵続きを遮断した堀切が見えてきます。(写真右上・左) 堀切の規模は幅7−8m・深さ3−4mほど。
本郭(写真左下)
規模は東西60m×南北70mほど、西側縁部には高さ2mの土塁が15mほど築かれています。(写真右下) でっ、南西隅は3m切り落として小郭に加工され、水の手らしき窪地が見られます。
(写真右) 南西側下の水の手郭?
写真ではわかりずらいですが、水が滞留しています