真 山 神 社
秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢
 『真山神社社伝』によると真山神社は景行天皇御代の紀元95年、武内宿祢が地方視察の際 小鹿島に立ち寄り 国土安泰・武運長久を祈願するため、この地に瓊瓊杵命(ににぎのみこと)武甕槌命(たけみかずきのみこと)の二柱を祀ったことが初源とされます。その後、平安期以降 真山神社は比叡山延暦寺の守護神赤神明神と神仏習合化され、真山には別当寺として光飯寺が構えられ、修験道場として繁栄しました。江戸期には秋田藩主佐竹家の祈願所として庇護され、明治維新後 「神仏分離令」により名称は真山神社に改称されました。   (場所はココです)
 仁王門
旧光飯寺の山門を明治維新後、神門に変更したもの。両脇侍の仁王は江戸中期の作。
 拝殿
 御神輿
秋田佐竹藩の四代藩主佐竹義格が寄進したとされます。