法領館
秋田県湯沢市(旧雄勝町)下院内
立地・構造
 法領館は雄物川左岸の南東方向に延びた丘陵上(標高270m 比高100m)に築かれた山城で、東・南・西側は急峻な断崖で、北側は尾根を掘り切り城域を区画しています。郭配置は堀で分断された南郭・北郭の2郭と、これに付随した郭群からなり、主郭は南郭と想定されます。主郭の規模は40−50m×70−80mほど、近世に石切場として使用されたため、平場は地面が掘り返され遺構は消滅、唯一東側に腰廓が確認できるのみ。北郭は20−25m×10−15mほど、南側は数段の段郭で処理され、北側の尾根筋は幅10m・深さ10mの堀切で遮断されています。立地・規模からみて北側尾根(搦手)の監視・守備施設と想定されます。北郭・南郭間は尾根の鞍部を利用した幅10−15mほどの堀で分断されています。この部分も南郭側は石切作業のため採掘され二重堀のように見えます。城の大手は南東麓からのコースが想定され、大手筋に対して数条の竪堀が穿たれています。(竪堀については往時の遺構かは不明) また雄物川を挟んで南東1kmには臼館が築かれ、法領館の機能補完していたと推測されます。
歴史・沿革
 菅江真澄の『雪の出羽路』では「暦応の頃、院内に三浦義明より十八代の胤三浦兵衛ノ治部義末といふあり。小野と院内との境東山より西山にかけて三里が間に高土堤を築て壕を掘り切り橋をわたし、事あらば橋を引落して通路ならぬやうにかまえられたり・・・・・」と記され、暦応年間(1338−42年)の館主を三浦義末としています。三浦義末の出自は相模の大族三浦氏の庶流とされ、『中条文書』によると建治三(1277)年四月二十八日の高井時茂譲状案には出羽国常牧郷(雄勝郡・平鹿郡周辺か?)の所領が記載されています。弘安10(1287)年頃、時茂の遺領をめぐる争いが勃発し、幕府の裁定で常牧郷の所領は三浦義末の家系(時茂との血縁関係は不明)が相続し雄勝郡に入部したと考えられ、13世紀末頃までに法領館は三浦氏により築かれたと推測されます。院内に入部した三浦氏は稲庭城主小野寺氏と姻戚関係を結んだと伝えられますが、『奥羽永慶軍記』によると暦応2(1339)年、法領館は小野寺氏の攻撃を受けて落城、三浦氏は没落したとされます。(南北朝期の対立 南朝小野寺対北朝三浦か?) その後、法領館の消息は不明ですが、小野寺氏の庶流が在城したと伝えられます。慶長5(1600)年、「関ヶ原の戦」で小野寺義道は最上領に侵攻しますが、本戦で西軍が敗れたため逆に最上軍の攻撃を受けることとなります。法領館には上の宿館主山田民部少輔清道の弟山田次郎と奥山玄蕃が籠り、金山城主丹惣左衛門率いる最上軍の攻撃を凌いだと伝えられます。小野寺氏改易後は最上氏が一時的に管理しますが、佐竹氏入部で廃城。
法領館  北郭北側の堀切
メモ
三浦氏庶流の要害
形態
山城
遺構
郭・堀切・竪堀?
別名
院内城 
場所
場所はココです
下院内地区背後の通称館山
駐車場
湯沢市リフレッシュ交流
センターほっと館駐車場借用
訪城日
平成20(2008)年11月24日
法領館は雄物川左岸の南東方向に延びた丘陵上に築かれた山城で、雄物川に面した西側と東・南側は急峻な断崖、北側は痩尾根を掘り切って城域を区画しています。 
城へは南麓の新明社参道から入り、新明社からはつずら折れの登り道となります。途中、南西側には物見と思われる平場もあります。
登り口 神明社 登り道
竪堀
登り道のある南側斜面には数条の竪堀らしきものが確認できます。ただし、館山は近代に石切場として利用されており、石の運搬路だったのかも・・・・・
南郭
法領館の主郭と想定される場所ですが、近代石切場として利用されたため、内部は地面が掘り返され、遺構等は確認できません。規模は40−50m×70−80mくらいか。西側の側面には「石積か?」と一瞬思った遺構?(写真右下)もあります。

北郭・南郭間の堀で規模は幅10−15mほど。尾根の鞍部を利用して普請したと推測されます。南郭の北側が切り崩されているため二重堀にも見えます。
北郭
規模は20−25m×10−15mほど、南側は数段の段郭で処理されています。北側の尾根筋から見ると、高低差10mの巨大な壁(写真右下)になっており、基本的には搦手と想定される北側尾根の監視・守備施設と考えられます。
堀切
北郭と北側の尾根筋は幅10m・深さ10mの堀切で遮断されています。堀は見事なV字形をし、岩盤を掘り切ったため周囲には石塁がゴロゴロしています。