椛山館
秋田県湯沢市(旧雄勝町)秋の宮椛山
立地・構造
 椛山館は役内川の右岸、東から西側に張り出した丘陵突端(比高90m)に築かれた山城で、東側の稜線鞍部を堀として城域を独立させています。城の規模は東西150m×南北200mほど、郭配置は頂部ピークを加工した主郭を中心に主郭の東側に東郭群、北側に北郭群を配したシンプルな構造になっています。規模は主郭が東西30m×南北70m、東郭が東西70m×南北
椛山館概念図
70m、北郭が東西10m×南北15mほど、主郭は相当広い平場になっていて、西側下を通る有屋峠越を見下ろす要地に位置します。
歴史・沿革
 築城時期は不明。菅江真澄の『雪の出羽路』には「古城あり、生牛箇館といふ、山の形牛に似たりとも、また生牛を埋たるともいえり、こは菅ノ加賀守の旧城なり、最上義光と戦いうちほろびたり」と記され、また『秋の宮郷土地誌』には「文禄年中、菅兵庫と云える者たてこもりて、初め小野寺氏に帰属したりが、後最上に内応せし風聞あり、最上義光の弟義康先陣鮭延典膳丹与惣左衛門のために落城せる・・・・・・・・・」と記されています。館主は小野寺氏支配下の菅氏とされ、菅氏は館堀城(「詰の城」は草井崎城)を拠点に役内川中流域を支配した村落領主と推測され、椛山館はその支城とされます。菅氏は元亀・天正年間(1570−92年)には湯の岱関所の関守として菅左馬之丞の名が見えるほか、天正14(1586)年の「有屋峠の戦」には菅六郎内記が出陣しています。文禄4(1595)年、山形城主最上義光は雄勝郡の実質統治をめざして楯岡城主楯岡満茂率いる最上軍を雄勝郡に派兵します。最上軍は有屋峠を越えて役内川流域に侵入し、この軍事行動により椛山館は落城したと伝えられます。
椛山館  北側の堀切
メモ
役内川城砦群
形態
山城
 別名
生牛箇館・樺山館
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
椛山発電所の周辺に空地あり
訪城日
平成20(2008)年4月25日
平成26(2014)年5月8日
椛山館は役内川東岸の椛山地区背後の丘陵突端に築かれた山城で(写真左上ー西側からの遠景 写真右上ー西麓からの近景)、北西麓に椛山発電所があって、これを目印にするとわかりやすいです。(写真左) でっ、城址へは椛山発電所から林道が敷設されていますが、ケッコウ轍がキツク、また雪解け時期だと倒木もありますから、ま〜〜〜 歩いて登った方がベターと思います。(写真左下ー林道、最初の二岐を右折) その後、なだらから林道をしばらく進むと進行方向右側に堀状地形が現れ、林道は堀状地形の外側を迂回して敷設されています。(写真右下) 堀は自然の鞍部を利用したもののようで、椛山館を独立させています。
(写真左上) 鞍部を利用した堀状地形
でっ、辿り着くのが東郭になります。(写真右上) 規模は東西70m×南北70mほど、主郭とは5−6mの切岸で区画され、内部は南西部が2−3mの段差で区画された不規則な段郭になっています。(写真右ー東郭の東端部 写真左下ー南西部の段郭の下段 写真右下ー東郭北東側下の帯郭) でっ、段郭の上段部の規模は東西10m×南北20mほど、主郭間の切岸下には浅い堀が見られ、また東側縁部には高さ1−1.5mの土塁が築かれています。ただし、後世の改変が酷く、どこまでが往時の遺構かは不明瞭。
(写真左上) 南西部の段郭上段
(写真右上) 浅い堀(溝か?)
(写真左) 段郭上段の東土塁 
主郭(写真左下)
規模は東西30m×南北70mほど、内部は広〜〜〜い平場になっていて、東側縁部には低めの土塁が見られます。(写真右下) でっ、南側の緩斜面部分は不規則な帯郭群に加工され、ならびの西側は急傾斜の断崖になっています。でっ、主郭は役内川に沿った有屋越を監視できる高所に位置し、近場のしなの館矢倉館影平館浅萩館と連携していたと推測されます。
(写真左上) 主郭南側の不規則な段郭群
(写真右上) 主郭西側の切岸
(写真右) 主郭から影平館・浅萩館方向
 
(写真左下) 主郭北側の堀
規模は幅6−7m・深さ2−3mほど、たぶん後世、林道として改変されているのでしょう。でっ、堀底から主郭へ坂虎口が設けられています。(写真右下)
北郭(写真左上)
主郭から北側に延びた稜線を加工した3段の段郭群で、規模は上段が東西10m×南北15m、中段が東西15m×南北10m、下段が10m四方ほど。でっ、中段の端部は上段の東・西側をカバーする帯郭になっています。(写真右上)
 
北郭群の先端を遮断した堀切は幅7−8m・深さ4−5mほど、ケッコウドデカイです。(写真左)