小町堂
秋田県湯沢市(旧雄勝町)小野
歴史・沿革
 平安初期の女流歌人小野小町は出羽郡司として出羽国桐木田(現在の尾の周辺)に下向した小野良真と地元の有力者の娘とのあいだに生れたとされます。その後、小町は任期を終えた父とともに13歳で京にのぼり、宮中に仕えて歌人として活躍しました。しかし小町は在京20数年の後、故郷の小野に戻ると庵をつくり和歌に明け暮れたと伝えられます。小町堂は平成7(1995)年、小町の霊を祀るために創建されたもの、もともと深草少将が小町に贈った芍薬を植えた場所と伝わります。   (場所はココです)

 『古今和歌集』より
「花の色はうつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせし間に」