小 野 城
秋田県湯沢市(旧雄勝町)雄勝泉沢字古館
立地・構造
 小野城は雄勝盆地の南部、雄物川上流部 左岸の丘陵上(標高216m 比高90m)に築かれた山城です。規模は東西250m×南北280mほど、北西側の丘陵続きを三重堀で断ち切って城域を独立させています。城縄張りはピークを加工した主郭を中心に北東側稜線に展開され、基本的には階段状に平
小野城概念図
場が構築され、先端部には出丸と思われる平場が構えられています。各郭の規模は主郭が東西80m×南北25−30m、二の郭が東西30m×南北20m、三の郭群が東西25−30m×南北40m、東出丸が西10m弱×南北25mほど。大手筋は北東麓から東出丸を経て三の郭群ー二の郭ー主郭に繋がるルートと想定され、導線は稜線の側面を通り三の郭の「折れ虎口」、二の郭の「折れ虎口」に繋がるように設定されています。当然、導線には上位郭から横矢が掛かる堅固な導線構造になっています。小野城の見どころは主郭の北西側に敷設された三重堀と西側斜面に構築された連続畝堀でしょう。三重堀の規模は内側から幅10m・深さ10m以上、幅5−6m・深さ3m、幅4−5m・深さ3mほど。連続畝堀群は主郭から10m切り落とした横堀から5条の竪堀が穿たれています。畝は高さ1.5−2mと巨大なもの。小野城は小野寺氏の「境目の城」の中では比較的規模は大きく、基本的には雄物川上流域の重要な軍事拠点とともに、役内川城塞群との連繋を主要な機能とした城砦と推測されます。

 築城時期は不明。一説には建長・文永年間(1249−74年)、出羽国雄勝郡に入部した鎌倉御家人小野寺経道につき従った小野寺氏の郎党姉崎六郎により築かれたとも。姉崎氏は院内方面(三浦氏)に対する抑えとして小野城を築いたとされます。その後、姉崎氏は小野寺氏の重臣として小野寺氏の平鹿・仙北制圧に貢献しましたが、元亀2(1571)年頃 姉崎四郎左衛門隆資は讒言により小野寺輝道に誅されたと伝えられます。文禄4(1595)年、山形城主最上義光が雄勝進攻を本格化させると、小野寺氏の被官町田長右衛門が土民300人余と小野城に立て籠もりましたが、最上勢の猛攻を受けた小野城は陥落したと伝えられます。
歴史・沿革
小野城 主郭西側の畝堀群
メモ
小野寺氏の重臣
姉崎氏の「詰の城」
形態
山城
別名
舞鶴城 
遺構
郭(平場)・虎口・堀・畝状竪堀
場所
場所はココです
駐車場
登り口に駐車スペースあり
訪城日
平成18(2006)年11月19日
平成27(2015)年 5月 4日
小野城は雄物川の上流部、泉沢地区背後の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー北東側からの遠景) でっ、城址へは北東麓に説明板が設置され、ここから尾根を通るように登山道が設けられています。(写真右上ー登り口 写真左ー登山道) でっ、辿り着くのが北東尾根の突端に設けられた出丸的な平場になります。(写真左下) 平場の規模は東西10m弱×南北25mほど、東縁の中央部には虎口の痕跡が見られます。(写真右下) ちなみに国土地理院の地形図にはこの平場に神社の標識がつけられていて、管理人が登った登山道はこの神社の参道だったようです。(現在、神社自体は存在しません)
出丸から主郭方向へは稜線の東側側面を通るように導線が設けられています。(写真左下) ま〜〜〜、尾根城に類例の多い導線形態で、小野城の近辺ではしなの館でも同様の導線が見られます。ちなみに稜線は しなの館同様、比較的規模の大きい二重堀で遮断されています。(写真右上) 規模は幅7−8m・深さ5−6mほど。ここからしばらくして導線は三の郭群の「折れ虎口」にたどり着きます。(写真右)
三の郭群(写真左下・右下)
規模は東西25−30m×南北40mほど、内部は低い段差で区画された不規則な3郭構造になっています。
三の郭から二の郭への導線は二の郭の側面を通して「折れ虎口」に繋がっています。(写真左上ー導線 写真右上ー二の郭「折れ虎口」) 二の郭側の切岸は高さ4−5mほど、導線に対して二の郭側から横矢が掛かる構造になっていて、小野寺氏の城館ではよく見られる導線構造です。
二の郭(写真左)
規模は東西30m×南北20mほど、二の郭ー主郭間には2段の段郭が敷設され(写真左下)、主郭へは段郭を縫うように導線が設けられていたようです。(写真右下) ちなみに現在の道は重機で拡張されたものと思われます。
主郭(写真左上・右上)
規模は東西80m×南北25−30mほど、現在は公園整備され、西側に城址碑が建てられています。主郭からの眺望はすばらしく対岸の相川城・平城館御返事城や約内川城砦群の草井崎城浅萩館が見渡せます。ま〜〜〜、役内川城塞群と雄物川城塞群を繋ぐ重要拠点として機能していたと思われます。
小野城最大の見どころは主郭の北西側稜線を遮断した三重堀と西側斜面に構築された巨大畝堀群でしょう。このうち三重堀の内堀の規模は幅10m・深さ10m以上(写真左下)、南西側に延びた竪堀は途中で主郭西側をカバーする横堀に分岐します。(写真右下)
(写真左上) 主郭西側下の横堀、主郭との高低差は10mほど。
(写真右上・左) 主郭西側下の連続畝堀群
横堀から派生したもので 5条確認できます。畝は高さ1.5−2mとケッコウデカイもの。
(写真左下) 三重堀の中堀、規模は幅5−6m・深さ3mほど。
(写真右下) 三重堀の外堀、規模は幅4−5m・深さ3mほど。中堀・外堀ともに内堀ほどでかくはありませんが見応え充分ではあります。近隣の山城ではしなの館の多重堀切が秀逸ですが、小野城の三重堀もこれに匹敵します。
動画 小野城を歩く