御返事城
秋田県湯沢市(旧雄勝町)桑ヶ崎御返事
立地・構造
 御返事城は寺田川右岸、北方向に延びた丘陵ピーク(標高222m 比高80m)に築かれた単郭の山城です。本郭の規模は東西10−15m×南北60−70mほど。北側尾根は幅5−6m・深さ2mの堀切で遮断し、南側尾根筋は高さ3mの切岸で処理して城域を区画しています。本郭内部は南から北側に傾斜した尾根を簡単に削平しただけで、城郭遺構とは思えない簡素な形状になっています。本郭の東・西側は比高50mまでは急斜面ですが、それ以上は緩斜面になっており、本来 段郭群が配置されるべき場所には何の細工もないようで・・・・・、本当に城郭遺構なの・・・・・?。本来は「ムラシロ」を想定して築いたのかも。大手筋は北麓からの尾根道が想定されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説には鎌倉期、雄勝郡に入部した小野寺経道に同行した郎党御返事左近貞久が法領館三浦氏に対する抑えとして御返事城を築いたのが初源とされます。御返事氏の詳細な事績は不明。戦国末期の当主御返事貞元は天正14(1586)年の「有屋峠の戦」に小野寺軍の第一陣として出陣しています。文禄4(1595)年、山形城主最上義光が雄勝侵攻を開始すると、御返事貞元は御返事城に籠城し最上軍に抗しましたが、八口内城・草井崎城・椛山館小野城・相川城等とともに最上軍の猛攻を受け落城。
御返事城 主郭北側の堀切
メモ
小野寺氏の被官
御返事氏の「詰の城」
形態
平山城
別名
 ・・・・・・
遺構
郭・堀切
場所
場所はココです
御返事地区背後の丘陵
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年11月24日
御返事城は寺田川右岸、御返事地区南側の丘陵上に築かれた山城で、麓との比高は80mほど。城へは大手口と想定される北麓の神社参道から尾根を通り登ることができます。尾根には途中、神明社・太平山社が祀られる平場がありますが、後世の創建時のものなのでしょう。
登り口(神社参道) 神明社 太平山社
北麓からの尾根道は非常に登り易い緩斜面ですが、左右は急斜面になっています。 堀切
本郭に繋がる尾根は幅5−6m・深さ2mの小規模な堀切で遮断されています。堀底は土橋状に加工され、通路とされていたのでしょう。
本郭
堀切から本郭(写真左上 愛宕神社)までは緩斜面の尾根で繋がり、相当アッサリした構造になっています。本郭の規模は東西10−15m×南北60−70mと細長い郭で、南から北側に若干傾斜しています。(写真右) また削平も甘く、北側の周囲は削崖もされず、「本当に郭か?」と思うほどの緩斜面になっています。南側の尾根続きは高さ3mの段切り(写真左下)で処理されていますが、堀切等はないようです。