臼館
秋田県湯沢市(旧雄勝町)雄勝下院内
立地・構造
 臼館は雄物川の右岸、南側から北側に突き出した丘陵先端(比高90m)に築かれた山城で、南側の丘陵基部を二重堀で遮断して城域を区画し、南側から主郭・二の郭・三の郭が連郭式縄張りで配置されいます。主郭は東西25−30m×南北55−60mほど。頂部の郭を中心に東・南・西側に低い段差で1段、北側に2段帯状の郭が巻かれ、二の郭に繋がる北側、搦手にあたる南側尾根は二重堀切で遮断されています。北側の堀切は竪堀をともなったもので、緩斜面の東側斜面では畝状竪堀を敷設して防御ラインを補完し、また主郭東側には腰郭を1段配置して切岸を急傾斜に削崖し、腰郭自体は横堀・畝堀で縦横に切り刻み捨郭としています。二の郭は東西40m×南北50mほど。郭は南から北側に2段に削平され、南側縁部には主郭への架橋用の基壇?と思われる土塁(壇)が築かれています。三の郭は東西35−40m×南北70−80mほど。二の郭とは空堀土橋で繋がり、西側は急斜面になっていますが、北・東側斜面は緩斜面になっているため防御ラインとして4−5段の帯郭が巻かれています。大手筋と想定される北側の尾根先端部は堀切で遮断されています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。『六郡攻城記』には「東の山に臼館といふあり。三浦氏之に居る。」と記され、暦応年間(1338−42年)に三浦義末(越後三浦氏の庶流?)が院内を領して法領館を本拠とした時に、支城として築かれたとされます。その後、室町期に院内は小野寺氏の支配下に置かれ、臼館も小野寺氏の被官が番将を勤めたと推測されます。天正18(1590)年、「奥州仕置」で雄勝郡は最上領に認定されましたが、横手城主小野寺義道はこれを認めず継続支配を実施しました。 このため山形城主最上義光は文禄4(1595)年、雄勝郡の実質統治をめざして楯岡城主楯岡満茂率いる最上軍を雄勝郡に派兵します。小野寺義道は法領館に山田次郎を送り込み最上軍の侵攻に抗しますが、役内川沿いの八口内城椛山館・草井崎城等は最上軍に攻略され、この軍事行動で臼館も落城したと思われます。その後、同地は慶長5(1600)年の「関が原の戦」まで小野寺・最上氏の軍事緊張が続き、「関ヶ原」時に小野寺氏が一時的に占拠します。戦後、小野寺氏は最上攻撃のかどで改易となり、佐竹義宣が秋田に入封した頃に臼館は廃城になったと思われます。
臼館 主郭・二の郭間の二重堀
メモ
小野寺氏の番城
形態
山城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年11月17日
平成20(2008)年4月25日
臼館遠景
北西側から臼館を見たところ。臼館は北方向に突き出した小丘陵に位置し、主郭・二の郭・三の郭を連郭式に繋いだ小城砦です。比高は90mほど。
下院内
室町・戦国期、下院内は小野寺氏領の南端に位置し、由利十二頭領との「境目」でした。近世には藩境として佐竹藩の院内関所が置かれ、有名な院内銀山はここから西方4kmにあります。
臼館へは特に登山道はなく、東麓(写真左)から直登するコースが比較的楽です。コースは東麓からの緩斜面(写真右)を進んだあと、高さ15−20mの急斜面を攀じ登り主郭東側の腰郭に出るコースです。
主郭の東側
主郭東側は緩斜面になっているため、腰郭(東西15−20m×南北40m)を1段普請し主郭側の切岸を急傾斜にしています。腰郭自体は横堀(写真左)と畝堀(写真右)で縦横に切り刻み、捨郭にしていたと推測されます。
主郭
規模は東西25−30m×南北55−60mほど。頂部の郭を中心に東・南・西側に低い段差で1段、北側に2段帯状の郭が巻かれています。二の郭に繋がる北側(写真右下)、搦手にあたる南側尾根(写真左下)は二重堀切で遮断され、主郭を堅固に防御しています。どちらの堀切も主郭側の切岸は高さ7−8mほどあります。
竪堀
主郭・二の郭間の堀切は長大な竪堀(写真左)をともなったもので、緩斜面の東側末端部分は畝状竪堀(写真右)で処理しています。堀切にともなった竪堀はここだけで、天正期の小野寺・最上の軍事緊張期に改修されたと推測されます。
投石用石塁?
主郭北側の切岸部分に見られる石塁で、大きさからして投石用と思われます。主郭北側は二の郭を見下ろす位置にあり、投石の集積地には最適なのですが・・・・
二の郭
東西40m×南北50mほど。郭は南から北側に2段に削平され、南側縁部には主郭への架橋用の基壇?と思われる土塁(壇)が築かれています。ただ・・・・・内部は熊笹がひどく地表面の確認はできません。
二の郭・三の郭間の空堀
幅4−5m・深さ3−4mの小規模な堀で、中央の鞍部は土橋状(写真左)に高く設定されています。堀底は二の郭東側斜面にクランクし、二の郭をカバーする横堀(写真右)に変化します。
三の郭
規模は東西35−40m×南北70−80mほど。西側は急斜面になっていますが、北・東側斜面は緩斜面になっているため4−5段の帯郭で処理されています。大手筋と想定される北側の尾根先端部は堀切(写真右)で遮断されています。基本的には大手筋を監視するとともに下院内方向を監視する物見の郭と想定されます。