矢倉館
秋田県湯沢市(旧雄勝町)雄勝城ノ内
立地・構造
 矢倉館は役内川左岸の神室山塊から延びた支尾根先端(標高390m 比高160m)に位置する山城です。縄張りは小ピークを主郭に北東側尾根を階段状に普請した小郭群からなり、大手筋と想定される北東側尾根は大堀切で、南側尾根は二重堀で遮断し防御ラインとしています。主郭は7−8m四方のスペースしかない小郭で背後には高さ3−4mの櫓台が想定される土壇が築かれています。いずれにせよ物見を想定した規模の小さい城砦で、小屋掛するスペースしかないようです。
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。山麓に城ノ内の地名が残っていることから、もともとこの地域を支配した在地勢力の「詰の城」か?。天正年間(1573−91)、有屋峠に繋がる役内川流域は横手城主小野寺義道と山形城主最上義光の軍事緊張が高まったため、義道は役内川流域から横手城に繋がるネットワークを整備し、矢倉館はこの時期に物見砦として取り立てられたと考えられます。
矢倉館  北側の大堀切
メモ
小野寺氏の役内川城砦群
形態
山城
別名
 
遺構
郭・土壇(櫓台?)・堀切・竪堀
場所 場所はココです
城ノ内地区西側の丘陵
駐車場 国道108号沿いに
駐車可能の路側帯あり
訪城日
平成20(2008)年4月13日
矢倉館遠景
北東側から矢倉館を見たところ。役内川西岸には神室山塊から延びた支尾根先端に小野寺氏が城砦を築く類例が多く、矢倉館の南側1kmには同じく小野寺氏の物見砦しなの館があります。矢倉館の比高は160m。
登り口
矢倉館への登山道は特にありません。山麓の城ノ内地区から山に入り尾根をめざして直登するのが手っ取り早いようです。ただし支尾根が複雑に入り組んでいるため、管理人はGPSを利用しました。
尾根
尾根に取り付き、しばらくは急傾斜を登りますが、次第に尾根は緩斜面の痩尾根になります。


北側の大堀切
登山を始め約20分で最初の遺構が現れます。大手筋を遮断する竪堀をともなった大堀切です。尾根の傾斜が急激に上がる手前を3mほど掘り切り、城側の切岸の高低差を稼いでいます。切岸の高さは10mほどあります。
段郭群
大堀切からは雛壇状の段郭群が十数段(いつものことですが数えていません!!)普請されています。尾根の幅は10−15mほど、郭は高さ2mの段差で区画された最大幅5mの小郭群で、西側側面を犬走り状の通路(写真左下)を通して、上段の主郭と下段の郭を繋いでいます。内部は降雪のため倒れた雑木が多く、歩くことさえままならないです。
主郭
最上部に位置する郭ですが、7−8m四方のスペースしかなく小屋掛するには、ちょっとつらいかも。ま〜物見だけならこのスペースだけでも充分だったのでしょう。背後には高さ3−4mの櫓台と思われる土壇(写真右上)がありますが、相当崩落しています。
堀切(写真右)
主郭背後(南側)は幅5−6m・深さ3mの堀切で遮断されています。大手筋の堀切が巨大でシャープだったのに比べて見劣りしますが、同規模の堀切がもう1条穿たれた二重堀になっています。