八口内城
秋田県湯沢市(旧雄勝町)雄勝役内
立地・構造
 八口内城は大役内川の中流域左岸の丘陵ピーク(標高423m 比高120m)に築かれた山城です。規模は東西100m×南北150mほど、城縄張りは山頂ピークに構築された主郭を中心に北側稜線に5段の段郭群、南側に2段の段郭を設けただけのシンプルな構造になっています。主郭の規模は規模は20−25m四方ほど、大手筋は北西側稜線からのルートが想定され、最下段には横堀と畝堀で区画された虎口郭が設けられています。城の縄張り自体は単調で古い形態をしていますが、西側斜面には横堀(塹壕として利用か?)が、東側斜面には小規模ながら畝状竪堀群が見られるなど新しい防御思想で改修されたものと思われます。同地は有屋越えが神室山を越えて雄勝郡に入る谷口に位置しており、城自体は小規模で常態的な居
八口内城概念図
住性は薄いもののこれを監視・扼する物見砦として機能していたと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主は在地から発生した村落領主八口内氏とされ、『奥羽永慶軍記』には八口内尾張守貞冬の名が見えます。八口内氏の出自・事績は不明、室町期 役内川流域に勢力を拡大した小野寺氏の支配下に組み込まれたと推測されます。天正14(1586)年の「有屋峠の戦」では、役内が小野寺氏の兵站基地となり最上氏領へ侵攻しています。文禄2(1593)年、最上義光は太閤検地に協力する名目で有屋峠を越えて小野寺氏領に侵攻した際、八口内城は最上勢の攻撃を受けて落城したとされます。その後、八口内城は最上氏の属城となり、小野寺・最上の争奪戦が行なわれましたが、慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」後 佐竹義宣が秋田に転封すると佐竹氏の属城となり、その後 ほどなくして廃城になったと思われます。
歴史・沿革
八口内城  東側斜面の畝状竪堀群
メモ
小野寺氏領の「境目の城」
 形態
山城
 別名
役内城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・畝状竪堀群
場所
場所はココです
駐車場
北西麓の農道脇に路上駐車
 訪城日
平成18(2006)年11月17日
平成26(2014)年5月8日
八口内城は役内地区の南方、神室山系から北方向に張り出した支尾根の先端ピークに築かれた山城で、中世の基幹街道旧有屋越えが城の東麓を通っています。(写真左上ー北側からの遠景) ということで八口内訪城2回目となった管理人は以前、登った北西麓からアプローチしようとしたところ・・・・・・・・・、な〜〜〜んと以前なかった山道を発見!!!。(写真右上) でっ、管理人は山道をたどって途中で北西側稜線に迂回し(写真左)、稜線をただひたすら登りました。(写真左下ー稜線から主郭方向) 以前、来たときはケッコウ茨付の雑木が多かったように感じましたが、今回はケッコウ楽に登ることができました。でっ、稜線の途中からは天正14(1586)年、小野寺義道が兵を集結した役内地区が一望にできます。(写真右下)
北西側の稜線が大手筋と想定され、以前 来たときには虎口郭(最下段の郭)に辿り着いたのですが・・・・・・・・、な〜〜〜んと どうも主郭北側の段郭群は重機が入って壊滅、さらに稜線は手ごわい雑木で覆われています。(写真左上) がっ、それでも主郭東・西側下の帯郭は残存していました。(写真右上ー東側の帯郭 写真右ー西側の帯郭) 主郭の規模は20−25m四方ほど、以前は内部に小祠が祀られていましたが、現在は痕跡も見られません。(写真左下) さらに主郭の南側下には稜線を加工しただけの南郭が設けられています。(写真右下) 規模は東西10m×南北30mほど。
でっ、南郭の東側下には5m切り落として帯郭が普請されています。(写真左上) 郭の規模は東西5m×南北30mほど、南側縁には高さ1−1.5mの土塁が築かれ(写真右上)、外側には南東方向に走る竪堀が穿たれています。(写真左) また東側斜面には10数条の畝状竪堀群が敷設されているようですが、明瞭に確認できるのは北側の6条のみ。(写真左下) 規模は幅1.5−2m・深さ1mほど、最上氏との軍事緊張が高まった天正中期の遺構と想定されます。
 
(写真右下) 役内地区に残る八口内氏の墓碑群
ー 以 前 の 訪 城 時 ( 0 6 年 1 1 月 ) の 写 真 ー
はじめて八口内城を訪城した時の写真です。たぶん北西側稜線から主郭までの遺構の大部分は重機が入り破壊されているようです。
(写真左上) 大手筋が想定される北西側の尾根、途中 尾根が狭められ土橋状になっている箇所があり、頂部に近ずくと傾斜もキツクなります。 
(写真右上・左) 最下段の郭、虎口郭。規模は幅5m・長さ20mほど、西側は横堀で(写真左下)、東側は畝堀で区画され(写真右下)、横移動できないように普請されています。上位郭とは高さ3−4mの切岸で区画され、上位郭から横矢が掛かる構造になっていたようです。
虎口郭から主郭間は3−5mの段差で区画された大小4段の段郭群に加工され(写真左上・右上)、下2段郭から主郭へは東側側面を通るスロープ状の導線で繋がっています。(写真右) 
(写真左下) 主郭
規模は東西20−25m×南北20mほど、比較的広い平場ですが、居住性は薄いようです。基本的には東麓を通る有屋越えを見下ろす物見として機能したのでしょう。 
(写真右下) 西側の帯郭 
八口内城に関しては『仙北小野寺氏の城館巡り』(管理人NAOさん)でも紹介されています。訪城の際の参考に。