沼館城
秋田県横手市(旧雄物川町)雄物川町沼館字沼館
立地・構造
 沼館城は平鹿盆地の中央西部、雄物川右岸の低段丘上(比高5−6m)に築かれた平城です。城の規模は推定東西270m×南北450mほど、城域の西から南側は雄物川の氾濫原に面し、北から東側は人為的な堀(濠)で城域を区画していたと思われます。内部は堀と土塁で仕切られた南北の3郭から、南から主郭・二の郭・外郭が連郭式に構築されています。規模は主郭が東西100m×南北150m、二の郭が東西180m×南北160m、外郭が東西260m×南北300mほど、構造的には外郭は主郭・二の郭の北から東側をカバーするように敷設されています。各郭ともに外部に対して土塁を築いていたと思われますが、現在 明確に土塁が残存するのは主郭のみ。土塁の規模は下幅10m・高さ3−4mほど。現在、主郭は蔵光院境内、二の郭は雄物川北小学校校地、外郭は一般の宅地になっています。平鹿盆地に残る平城としては最大規模の城館で、当然 在地の有力者の居館と思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。一説には平安期、出羽国の在庁官人で俘囚長の清原氏の 居館とされ、応徳3(1086)年 藤原清衡が源義家の加勢を得て攻撃した清原清衡の「沼の柵」に擬定されています。また『和賀小野寺系

現地説明板の図
図』では正安2(1300)年に小野寺道有が、松岡氏伝『小野寺系図』では寛正年間(1460−66年)に小野寺道春(沼館孫三郎)によって沼館城は築かれたとされます。そして室町中期(15世紀初期頃)、本格的に平鹿進出を図る稲庭城主小野寺泰道は沼館に拠点を移しましたが、同じころ 出羽に侵入した南部氏(根城南部氏説が有力)と衝突することとなり、小野寺氏は一時 南部氏の支配下に置かれました。しかし応仁年間(1467−68年)、小野寺泰道は湊安東氏と結んで南部方の出羽代官金沢右京亮を破り南部勢力を出羽から駆逐しました。天文15(1546)年、小野寺家中の権力争いにより小野寺稙道は横手城主大和田(横手)佐渡守光盛・金沢八幡別当金沢金乗坊に沼館を追われ、湯沢に遁れましたがここで自害します。(「平城の乱」) しかし稙道の嫡子輝道は庄内大宝寺(武藤)氏の保護を受け、天文年間(1532−55年)末期頃 平鹿に侵入して大和田・金乗坊一統を降し旧領を回復しました。そして輝道は永禄年間(1558−70年)頃から周辺への勢力の拡大を図り、天正年間(1573−92年)初期頃 拠点を沼館から横手城に移したとされます。輝道退去後の沼館城には稙道の庶長子大築地織部秀道が据えられ、慶長6(1601)年 小野寺氏が改易になると沼館城は破却されたと思われます。 
歴史・沿革
沼館城 主郭北東隅の櫓台
メモ
古代ー出羽の俘囚長清原氏
の本拠?
中世ー小野寺氏の平鹿進出
当初の本城
形態
平城
別名
沼の柵(擬定地)
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台・虎口
・堀祉・水の手
場所
場所はココです
駐車場
蔵光院の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年11月18日
平成25(2013)年6月14日
沼館城は雄物川市街地の北部、雄物川東岸の低段丘上に築かれた平城で、現在は蔵光院境内・雄物川北小学校の校地になっていて場所はすぐに特定できます。(写真左上) 往時、城の西側は雄物川の氾濫原・湿地帯だったと想定され、主郭の南側ー西側ー二の郭の西側にかけては4−5m切り落として濠祉が見られます。(写真左ー主郭の南側 写真左下ー二の郭の西側) また段丘上は堀で区画していたと思われますが、こちらは埋め立てられたのでしょう。(写真東側の堀祉)
中尊寺ハス(写真右下)
昭和25年に行われた中尊寺学術調査の際、藤原泰衡の首桶から出てきたハスの種を培養して平成10年に開花させたもの。平成22年に中尊寺から種子を寄贈。開花は7月頃です。
主郭(写真左上)
城域の南端に位置し、規模は東西100m×南北150mほど、現在は蔵光院の境内になっています。でっ、虎口は北東側に開き、蔵光院の山門が建てられています。(写真右上) 周囲を囲った土塁は下幅10m弱・高さ3−4mほど、ケッコウ分厚い土塁で天幅は2−3mほど、北東隅が幅広になっており櫓台だったのでしょう。(写真右ー北側の土塁 写真左下ー北東隅の櫓台  写真右下ー東側の土塁)
(写真左上) 主郭北西側の土塁
(写真右上) 主郭南側の土塁 
二の郭(写真左)
規模は東西180m×南北160mほど、現在は雄物川北小学校の校地になっています。このため内部に入ることはできませんが、北側縁部には低めの土塁?が残存しており、車道が堀祉だったのでしょう。(写真左下)
沼館八幡(写真右下)
外郭の北東隅に祀られる古社。伝承では室町期、小野寺氏が源義家を祀ったとされます。ま〜〜〜、ここが沼館城の鬼門にあたるのでしょう。